ー 

カングージャンボリー2019

Writer:本橋康治 Photo:山上博也

フレンチスタイルの休日を楽しむ。参加車2442台の大イベント

P01_8VUE0219縮小.jpg▲カングー以外にもさまざまなルノー車が参加(総計2422台) 詳細はホームページ(https://www.renault.jp/)で確認を

 フランス生まれの商用車という枠を超え、ルノー・カングーは人気を集めている。デビューから21年間に日本仕様をはじめ限定モデルが数多く発売され、いまもなお新しいファンを獲得し続けている。  そんなカングーが全国から集まる年に一度のお祭り、カングージャンボリー2019を取材した。第1回が開催されたのが2009年で、今回が11回目。年々拡大を続け、いまやカングーのイベントとしては世界最大規模となった。

 開催日の5月19日、会場の山中湖交流プラザ、〝きらら〟に集まったカングーは1714台。総参加台数は2442台というから、カングー以外にも多くのクルマが集まっている。

「フレンチスタイルの休日を楽しむ」というテーマのとおり、会場ではクラシックのミニコンサートやルノーがサポートするスポーツ選手との交流イベント、フリーマーケットなどさまざまな催しが開催された。

P04_8VUE0363縮小.jpg▲03年式カングー4×4 専用バンパーでひと味違ったマスクに(山下さん)

 テントやテーブルなどを持ち込んでのんびりくつろいだり、愛犬とともにドッグランで遊んだりと、楽しみ方は参加者それぞれ。カングーがレジャーやアウトドア、スポーツなどを楽しむパートナーとして活躍している様子がうかがえる。

 見渡す限りカングーで埋め尽くされた会場の風景は圧巻。カラフルなボディカラーと限定車の豊富なバリエーションが、カングーならではの魅力といえるだろう。

 会場内でプチミーティングが開催され、67台が集まったトゥインゴをはじめ、カングー以外のルノー車も多数参加。駐車場にはクラブミーティングのような和やかな風景が広がっていた。

 クルマそのものを楽しむイベントとしても、十分訪れる価値がある。

P106-107_2019年8月号_アイラブカーズ2.png

1

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報