ー 

発掘名車:日本正規輸入24台。限定オープンの魔力

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

1989年式 ポルシェ911カレラ・スピードスター

IMG_7292.JPG1989年式 ポルシェ911カレラ・スピードスター 1987年秋のフランクフルト・モーターショーに出品されたプロトタイプの市販バージョン 930ボディの911の最終年(1989年)に限定生産された希少モデル

プロフィール:低いウインドシールドを備えた軽量モデル

 ポルシェはオープンモデルにこだわりを持つメーカーである。930ボディの2nd911には、生産最終年となった1989年、3種のオープンが設定されていた。ひとつはソフトトップ仕様のカブリオレ、脱着式ルーフ仕様のタルガ、そして限定スペシャルモデルのスピードスターである。この3モデルの中で人気車種は、スピードスター。89年だけの限定生産という希少性に加え、ウインドシールドがカブリオレより低く、その傾斜角は5度水平に近づけられて、スタイリッシュな存在感をアピールする。

 スピードスターは、87年のフランクフルト・モーターショーに参考出品された同名プロトの市販バージョン.オープンエアがもたらす爽快感を重視した2シーターモデルだった。カブリオレをベースにしており、カレラ(全幅1650mm)と、ワイドフェンダーのカレラ・ターボルック(全幅1775mm)の2タイプから選べた。生産台数はカレラが171台、カレラ・ターボルックは1894台。日本にはそれぞれ24台、67台が正規輸入されている。

 排気量3164ccのフラット6(231ps28・6kg・m)エンジンに、特別なチューニングは施されていない。しかし、スピードスターはフォグランプやパワーウィンドウ、三角窓、リアシートが未装備で、車重はベース車比で70kg

ほど軽い。この軽量化が、シャープな走りにつながった。

 ポルシェ初のスピードスターは、54年の356Aスピードスターだった(同車は58年まで生産)。89年の911カレラ・スピードスターは、約30年ぶりのスピードスター復活という意味もあった。その後、911スピードスターは9394年の964ボディ、2011年の997ボディに設定され、ともに少数生産されている。

IMG_7334.JPGスピードスターはカブリオレより低く傾斜角が寝たウインドシールドと専用Ⓡカウルを装備 オープンエアの爽快感を追求した2シーターモデルである 3.2リッターの水平対向エンジン(231ps)はスタンダードモデルと同じ

インプレッション:風を感じる走り。4000rpm以上でパワー炸裂

 取材車は全幅1650mm、1989年式カレラ・スピードスター。正規輸入された24台のうちの1台。ムラノグリーンのボディ色と、リネンホワイトの内装色の特別オーダー車で、このカラーリングの組み合わせは日本で1台という。

 走行距離は5万7000km。各部はオリジナル状態をキープしており、コンディションも良好だ。ボディに気になるキズはなく、塗装の艶も十分にある。足元はフロント6J/リア8Jの鍛造16インチアルミとダンロップ製タイヤの組み合わせ。タイヤは8分で、当分交換は不要だ。リアのエンジンフードに装着されるCarreraエンブレムは未装備。これは新車時にレスオプションを選択したためだ。トランクルームに新品状態のエンブレムが保管されていた。希望すれば装着できる。

 本革シートとドアトリム、そしてカーペットをホワイトでコーディネートした室内はエレガントだ。シフトノブには若干の劣化が見られた。クーラーやオーディオはきちんと作動する。幌は内張りなしのシンプルな単層構造で、リアウィンドウはビニール製。新車時からのオリジナルで、張り替えは行っていない。幌に汚れや破損はなく、リアスクリーンは透明度が高かった。

 メカニズム面は好調。走行5万km時にエンジンやミッションはチェックが行われており、整備履歴が残っていた。エンジン下側からのオイル漏れはない。オイル交換は5万3864km時に実施されていた。

 風を感じる走りは心地よい。フラット6は4000rpmを超えると音が一段と引き締まり、パワーが盛り上がる。911カレラ・スピードスターは、ピュアなオープンスポーツである。

P7310056.JPGパワーステ未装備だがステアリングはさほど重くない 低いウインドシールドは走行時に適度に風を巻き込みオープンエアの爽快感が満喫できる 室内各部はリネンホワイトで統一

P7310065.JPG回転計を中央に配置 エンジンは4000rpm以上で本領を発揮 油温/油圧/油量計を装備

次ページでスペックを紹介

1  2

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報