ー 

発掘名車:「みんなの」超軽量2シータースポーツ

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

1965年式 トヨタ・スポーツ800

S800-01.JPG1968年式トヨタ・スポーツ スポーツ80019652月デビュー "ヨタハチ"の愛称で親しまれたライトウエイトスポーツ

プロフィール:空力と軽量を徹底追及

 トヨタ・スポーツ800は「スポーツカーをみんなのものに」をコンセプトに開発されたトヨタ初の2シータースポーツである。1962年の東京モーターショーにプロトタイプが出品。その後、改良が続けられ、1965年2月にデビューした。当時のライバルはホンダS600、そしてS800である。

 スポーツ800の特徴は、超軽量設計と空気抵抗の少ないスタイリングだった。軽量化と優れた空力特性は、ベーシックカーのパブリカのメカニズムを流用して、スポーツカーらしいパフォーマンスを追求するための工夫だった。開発担当の故・長谷川龍雄さん(パブリカ、カローラの主査も務めた)は、かつて航空機エンジニアだった。

 スポーツ800は、限られたパワーをスピードに結びつけた高効率スポーツである。搭載する空冷水平対向2気筒OHVの最高出力は45㎰。水冷直列4気筒DOHCのホンダS600(57㎰)、そしてS800(70㎰)に比べ、明らかに非力だが、スポーツ800の最高速度は155㎞/h。ホンダS600(145㎞/h)を凌ぎ、S800(160㎞/h)に迫る。

 高速性能の秘密は軽量性にあった。スポーツ8000の車重はホンダS600より115㎏、S800比で175㎏軽い580㎏。スポーツ800は、先進的なモノコック構造ボディやルーフ回りへのアルミ材の使用など、総合的な軽量化対策を実施。ボディデザインは空気抵抗が少ない流線形にまとめた技術が、スピードの伸びに有利だった。

 クーペ形状で、オープンエアというエンターテインメントを追求した点はユニークである。ルーフは脱着式、タルガトップである。外したルーフはトランクに収納できた。スポーツ800の総生産台数は3131台。生産終了は1969年だった。

S800-02.JPGスポーツ800は"ベーシックカー"パブリカ"のメカニズムを流用して製作 790㏄の空冷水平対向2気筒(45㎰)を搭載し駆動方式はFR トップスピードは155㎞/hに達し0400m加速を18.4秒で駆け抜けた 優れた性能は車重580㎏という超軽量設計と空気抵抗が少ないボディデザインに起因する

インプレッション:空冷フラットツインはトルクフル

 紹介するモデルはレストアが完成したばかりの1965年式。内外装のコンディションは素晴らしい。ボディはサビやへこみを補修したうえで、新車時と同じレッドに全塗装済みだった。曲面で構成されたボディは、鉄板を叩き出した美しいラインを見せていた。バンパーやヘッドランプリムなどのメッキパーツの状態は良好。ドア回りやウィンドウ周囲のゴム類に、目立つ劣化はない。タイヤはファルケン製新品ラジアルを装着。ホイールには純正キャップが付く。

 シートはオリジナルと同じ素材で張り替えられ、ドアトリムやトノカバーは新品に交換されている。ステンレススチール製スポークのステアリングホイールに傷はない。本来、ダッシュボード上にあるルームミラーは、ウィンドウ上部に移設され、後方視界がワイドになり、運転しやすくなっていた。

 スポーツ800の走りは軽快で、現在の水準で見ても楽しい。オーバーホール済みの空冷フラットツインは、トルクフルでレスポンス良好。300rpm以上をキープすれば実に速い。1速ノンシンクロの4速MTを操り、交通の流れに乗れる。ハンドリングはシャープ。ステアリングをわずかに切るだけで、コーナーを鮮やかに駆け抜ける。重心は低く、安定感がある。ステアリングはノンアシストだが、操作は重くない。4輪ドラム式ブレーキの利きはいい。

 程度がいいトヨタ・スポーツ800は最近、人気と価格が上昇している。

S800-03.JPG室内はシンプル 足がゆったり伸ばせるので窮屈な印象はない ステアリングはステンレス製スポークと樹脂製リムの組み合わせ

S800-04.JPGメーターは4連式 回転計のレッドゾーンは5200rpm以上の設定

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報