ー 

発掘名車:愛称は「スウェディッシュ・フェラーリ」

Writer:森口将之+カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

1972年式 ボルボ1800E

ボルボ01.JPG1972年式 ボルボ1800E アメリカ市場をメインターゲットに開発されたスポーツクーペ メカニズムは「アマゾン」の愛称で知られる120シリーズ用をリファイン

プロフィール:デザインはイタリアのカロッツェリ・フルア作

 ボルボは第2次世界大戦後、グローバルメーカーへの脱皮を目指し、アメリカでの拡販を図る。その戦略車種として期待されたのが新型スポーツカーだった。当時、北米では小型スポーツカーが流行しており、ボルボの優れた耐久性を持ったスポーツカーであれば、ユーザーニーズが高いと判断された。

 スポーツカーの第1号は1954年に発表されたP1900だった。P1900は、当時の量産セダンPV444のメカニズムとFRP製ロードスターボディを組み合わせた2シーターモデル。しかし不慣れなFRP製ボディに生産上の問題が発生し、販売台数は約70台にとどまった。この経験を踏まえ、ボルボはアマゾンの愛称で親しまれた120シリーズをベースとしたスポーツカーの第3弾、1800を企画、59年に発表した。

 P1800の流麗なボディは、イタリアのカロッツェリ・フルアがデザイン。フロントマスクが当時のフェラーリを彷彿させたことから、「スウェディッシュ・フェラーリ」と一部で呼ばれた。ドア後端でキックアップしたキャラクターラインが特徴だった。

 当初、ボディパネルの製作は英国のプレスドスティール社、組み立ては英国のスポーツカーメーカー、ジェンセン社が担当。だが、これは一時的な処置で、63年にスウェーデンの自社工場組み立てとし、車名を1800Sに変更した。その後、68年にはエンジンを1.8リッターから2リッターに拡大。69年からはインジェクション仕様の1800Eにモデル名を変更。71年には、スポーツワゴンの1800ESがラインアップに加わる。ガラスハッチを備えた1800ESの個性的なスタイリングは、新鮮だった。

ボルボ02.JPG1800シリーズは1959年のデビュー以降73年まで総計47492台が生産された 当初1.8リッターだったエンジンは68年に2リッターに拡大 71年にはスポーツワゴン形状の1800ESが登場した

インプレッション:力強い走り。長く楽しめるクルマ

 紹介するモデルは、インジェクション仕様の2リッターエンジン(135㎰)を搭載した1972年式1800E。正規輸入車で、トランスミッションは4速MTである。オーナー歴は複数。走行距離は7万7900㎞。

 ボディのコンディションは上々だ。クリームホワイトの塗装には艶があり、サビや目立つ傷はない。バンパーなどのメッキパーツにもくすみは見られなかった。ウィンドウ回りのゴム製パーツを交換すれば気持ちよく乗れるだろう。ホイールはオリジナルのスチール製。タイヤは7分山のヨコハマ製を装着していた。

 室内の状態はいい。助手席側に、以前アクセサリーを取り付けたステーが残っている以外は、オリジナル状態。本革仕様のシートに目立つシワや傷はなく、座り心地はいい。各種メーターとスイッチは正常に作動した。ドア開閉音は重厚。新車当時のオプションだったデンソー製クーラーが装着されていた。

 走りは力強い。2リッター直4ユニットは低回転域から太いトルクを発生し、発進加速は思いのほか鋭い。ノンパワーのステアリングの操舵力は、走行中はさほど重くなく、ブレーキもよく利いた。

 気になった点はドライビングポジションである。ステアリングを適切な位置に合わせるとペダル類が遠く、ペダルに合わせるとステアリングが近くなりすぎる。前オーナーはクラッチのペダルカバーを2枚重ねにして調整していた。

 ボルボ1800Eの特徴は、オーソドックスなメカニズムと高い耐久性、そして美しいスタイリング。長く楽しめるクルマの代表である。

ボルボ03.JPGインパネは木目調仕上げ 各部の作りは上質 ステアリングはロック・トゥ・ロック3.25回転のノンパワー式 走行中の操舵力はそれほど重くない

ボルボ04.JPG6000rpm以上がレッドゾーン 1800Eのトップスピードは185㎞/hに達する

次ページでスペックを紹介

1  2

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報