ー 

ミラ・ジーノ・オーナーズクラブ

Writer:本橋康治 Photo:三浦憲之

誕生20周年、アニバーサリーを皆で祝おう

P01_P4280031縮小.jpg▲ミラ・ジーノ中心のクラブだが光岡RAY(レイ)Ⅲや"ミラ・ジーノ・フェイス"の車両も参加できる 詳細はWebサイト(http://www.clubgino.jp/toi.htm)で確認を

 クラシカルなデザインで、ダイハツ・ミラ・ジーノは現在も根強いファンを持つ。1stモデルは1999年に市販スタート。つまり、今年でデビュー20周年を迎えるモデルだ。今回は、そんなメモリアルイヤーで活気づくオーナーたちの集まりクラブ・ジーノを取材した。クラブの結成は2015年と、比較的新しい。

「結成の動機は、ミラ・ジーノを愛する仲間が楽しく交流できる場を作りたかったから、です。2009年の生産終了から時間が経過してきたため、トラブルシューティングやパーツ類の交換についてわからない点、困った話などがあれば情報交換ができるようにしたかったという事情もありますね」と代表の和さんは語る。

P03_P4280202縮小.jpg

▲代表の乂和乂さん メンバーからの信頼も厚い

 クラブとしての活動は全国オフ会のほか、地域ごとに開催するオフ会がメインだ。他車種のクラブとの交流や合同オフ会などの企画も進めている。

 同クラブはミラ・ジーノのオーナーであれば家族所有車でも参加可能。ミラ・ジーノをベースとした光岡RAY(レイ)Ⅲや、ミラ・ジーノのフェイスパーツを移植したモデルも歓迎だ。取材当日はダイハツ・オプティがベースの車両が参加していた。

 今回の取材に集まったメンバーは、20代から60代までの総勢22名。彼らが語っていたのは、代表の強いリーダーシップと、全国オフ会で仲間たちと交流を重ねる重要性だった。その全国オフ会は、今年、ミラ・ジーノ誕生20周年のお祝いという特別なイベントとなる。9月22日(日)に朝霧高原(静岡県)で開催予定だ。

「オーナーの皆さんと楽しくワイワイ過ごしながらお祝いしたいですね」(代表)

 これを機にミラ・ジーノのオーナーはコンタクトをとってみてはいかが?

P04_P4280042縮小.jpg▲「キャルルックスタイルを目指してキャリアなどでオールド感を演出しました!」(雨音amaneさん)

2019年7月号ジーノ拡大用.png

*クリックすると大画面に切り替わります

1

Related Articleカルチャー・ホビーもっと読みたい

What's News最新情報