ー 

グッドイヤー 「東京モーターショー 2019」に出展 テーマは"Freedom to Move"

Writer:横田康志朗 

 日本グッドイヤー株式会社は、2019年10月23日(水)から11月4日(月)東京ビッグサイト(東京都江東区有明)にて開催される、第46回東京モーターショー2019に出展する。

1.jpg▲ブースイメージ

 より速く、より遠く、より安全に。人がその手段を手に入れたときから、移動の進化は絶えることなく続いてきた。そして、あらゆる人と物がネットワークでつながる今。より自由で、サステナブルな移動の実現に向けた、新たな革新が始まっている。

今回のグッドイヤーブースは、"Freedom to Move" - モビリティの未来はもっと自由だ - をテーマに、もっと自由で、もっと多様なモビリティの社会への新たな取り組みを、チャレンジングなスピリットで達成した数々の記録、未来に向けたコンセプトタイヤの展示を通じて紹介する。

【展示コンセプトタイヤ紹介】
・レクサス EV コンセプトカー装着 グッドイヤーコンセプトタイヤ(世界初披露)
 第46回東京モーターショー2019のレクサスブースにて世界初披露されるEVコンセプトカー用に、グッドイヤーが開発したコンセプトタイヤ。グッドイヤーが持つ空気力学の技術力を存分に駆使して開発したトレッドデザインとタイヤの断面形状を採用している。特徴として、車体側のトレッド部分に採用したビロード状の微細な毛で覆われたフクロウの羽のような先進的フィンが、効果的な空気の流れを作り、EV モーターを冷却する。

3.jpg▲グッドイヤー エアロ - Goodyear Aero -

・グッドイヤー エアロ - Goodyear Aero - (日本初披露)
 2019年ジュネーブ国際モーターショーにて発表された、未来を想像した空飛ぶ自動車用に設計されたコンセプトタイヤ。「ツーインワンタイヤ」をコンセプトに、地上を走行するためのタイヤとしても、空を飛ぶためのプロペラとしても機能する。「エアロ」は、タイヤのセンサーから受け取る情報と、車両間および車両とインフラ間で伝達される情報を組み合わせる AI プロセッサーを特徴としている。このAIプロセッサーは、これら一連のデータを分析し、車両が飛行または運転モードに切り替わることを可能にし、次のアクションへのリコメンドする。

2.jpg▲グッドイヤー オキシジェン - Goodyear Oxygene -

・グッドイヤー オキシジェン - Goodyear Oxygene - (日本初披露)
 2018年ジュネーブ国際モーターショーにて発表された、サイドウォール内で苔を生息させるという特徴を持ったタイヤだ。開放的なタイヤの構造と洗練されたトレッドデザインは、路面から水滴や水分を吸収して循環させるため、光合成が起こり、空気中に酸素を放出する。また、「オキシジェン」は、リサイクルタイヤのゴムパウダーを 3D 印刷したエアレス構造を採用し、軽量で衝撃吸収性のある構造となっている。ほかにも高い耐久性、寿命を延ばすためのパンクフリーソリューション、最小限のメンテナンスを実現し、安心できるモビリティの提供をする。

 さらに11 月発売予定の新商品(10月23日発表予定)をはじめ、グッドイヤーを象徴するオールシーズンタイヤ「Vector 4Seasons Hybrid」や「Assurance WeatherReady」など、日本市場で展開されるグッドイヤーの主力商品も展示する。

■グッドイヤー、東京モーターショー2019
場所:南展示棟 4 階3・4ホール ブース No. S3301

1

Related Articleイベントもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年12月号

  • 46th東京モーターショー徹底ガイド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る