クルマは最高のエンターテイナーです。くたびれかけたモデルを購入してコツコツ修理に挑む。そしてピカピカにリメイクする。元気に走らせる。それは実に楽しいミッションです。主役は1995年式ローバー・ミニ。頑固メカニックの協力を得て、編集部が旧車復活作戦にチャレンジします。第1回は購入前のクルマの見方、選び方。第2回は修理とメンテナンスポイント、そしてドレスUPの実践。これから「MINIミニ復活大作戦」をレポートします。※記事と写真は『カー &ドライバー09年5月10日号~9月26日号』に掲載されたものを再構成しました。

タイヤ

タイヤ

標準サイズは145/70R12である。写真のタイヤは3分山状態だった。安全&安心のために新品に交換する

ヘッドライト

ヘッドライト

ヘッドライトは、96年モデルまでシールドビーム式が標準。現代の基準では暗く感じる。今後はH4式のハロゲンランプもしくはHID式に交換し、夜間走行時の安心&安全性を向上させる

エンジン

エンジン

初めてクラシック・ミニを購入するなら、インジェクション仕様の1.3Lモデルがお勧め。始動が楽だし、キャブ調整も不要だからだ。チェック項目は、オイル漏れのほかにラジエター周辺からの水漏れ跡。これでオーバーヒート歴の確認をしたい。要整備

下回り

下回り

エンジンとミッションが一体化した2階建て構造のクラシック・ミニは、標準車でも最低地上高は100mm前後と低い。オイル漏れのほか、オイルパンへのダメージもチェックしたいところ。写真のミニは、保護用のアンダーガードを装備していた。点検のみ

足回り

足回り

クラシック・ミニの緩衝材は、スプリングではなくゴム製のラバーコーンである。ラバーが経年劣化して縮むと車高は下がるが、すぐに交換する必要はない。 車高調整ができるハイ・ローキットを装着して対応することをお勧めする。写真のホイールキャップは純正品。交換ドレスアップパーツを探す

サイドミラー

サイドミラー

メイフェアのドアミラーはボディ同色タイプ。格納や角度調整は手動である。視認性はまったく問題ないが、メッキ処理されたクラシカルタイプのほうがよく似合う。交換パーツを探す




ボディのサビ ボディのサビ

ボディのサビ

古いクルマにとって、ボディのサビはついて回るもの。クラシック・ミニの場合は、ルーフを取り囲む雨どい(写真上)や、ドア下の水抜き穴周辺(同下)が要注意ポイントだ。室内のフロアやラゲッジルームもチェックしよう。板金修理をする

新車時価格 万円
4AT149万円
ハンドルの位置
全長×全幅×全高
3075×1440×1330
トレッドF×R ㎜
1235×1200
ホイールベース ㎜
2035
車重 kg
730
エンジン
1271cc・直40HV8V
最高出力 ps/rpm
53/5000
最大トルク kg・m/rpm
9.3/2600
10モード燃焼 km/ℓ
10.4
使用燃料(燃料タンク容量ℓ)
プレミアムガソリン(34)
サスペンション
Fダブルウィッシュボーン/Rトレーニングアーム
ブレーキ
Fディスク/Rドラム
タイヤサイズ
145/70R12
駆動方式
FF
乗車定員 名
4

close