クルマは最高のエンターテイナーです。くたびれかけたモデルを購入してコツコツ修理に挑む。そしてピカピカにリメイクする。
元気に走らせる。それは実に楽しいミッションです。主役は1995年式ローバー・ミニ。頑固メカニックの協力を得て、編集部が
旧車復活作戦にチャレンジします。第1回は購入前のクルマの見方、選び方。第2回は修理とメンテナンスポイント、
そしてドレスUPの実践。これから「MINIミニ復活大作戦」をレポートします。※記事と写真は『カー &ドライバー09年5月10日号~9月26日号』に掲載されたものを再構成しました。

メーター

メーター

3連式メーターの視認性は、センターメーターよりも劣る。燃料計の故障はよくあるトラブルのひとつである。
積算距離は7万4000kmだ

キー

キー

クラシック・ミニのキーは3本構成。左からイグニッション/給油口/ドア&トランク用になる。万一の紛失を考慮してスペアキーの作製は必須である

ミッション

ミッション

ミッションは4MTと4ATを用意。ユーズドカー購入時は必ず試乗して、変速がスムーズに行われるかどうかチェックしたい。オイル管理が悪いAT車は必ず故障する。
重要整備点検事項

スイッチ類

スイッチ類

上段右からヒーター温度調節/ヘッドライト/ハザード/Rフォグ/Rデフロスター/ブレーキ警告灯。キャブ車は左端にチョークが入る。下段はヒーターの操作パネル。不良部品は交換したい

ペダル

ペダル

ペダル類はセンター寄りにオフセットしている。ブレーキのサーボは現代のモデルよりも弱いため、慣れが必要だ。ブレーキをかけた際の振動の有無をチェックしたい

シート

シート

95年式メイフェアのシート地は、毛足の長いモケットを採用している。シートサイズは十分で、座面のクッションは厚く想像以上に快適だ。シート地を張り替えてムードを変えてみるのも楽しい


エアコン

エアコン

テキスト車はオプション(新車時23万5000円)のエアコンを装備していた。フロンガスはR134a仕様。室内空間はコンパクトだから、エアコンの利きは良好。購入時は必ず作動確認を行う。要チェックである

「クラシック・ミニは壊れやすい」と思っているなら、それは間違いです。ミニは、新鮮な水(冷却水)と空気と油(オイル)を与えれば、いつまでも元気に走ります。故障車の多くは、適切な整備が施されていません。ミニを購入したら、まずオイル交換を徹底しましょう。MT車なら4000kmごと、AT車なら3000kmごと、もしくは半年を過ぎたら交換時期です。

close