お気に入りの旧車を購入したら、いかに快適に、いかに楽しく乗るか。それらをいろいろ考え、実践するのは大きい喜びだ。最初に、旧車は必ずクルマの健康診断を受診する。どこが不具合か、どこがウイークポイントか。検査結果をベースに、予算と整備方針を立案したい。旧車復活作戦第2回はクルマのコンディションチェックからスタートした。

エアクリーナー

エアクリーナー

エアクリーナーは湿式 交換時期は 1万~1万5000kmごとでパーツ代は 約2500円(インジェクション車)  定期的に清掃を行えば寿命は延びる

ヒューズ ヒューズ

ヒューズ

ヒューズ切れはマイナートラブルのひとつ
96年モデルまでは熱を持つエンジンルーム内に設置されているためよく発生する
非常用(下)を携行する必要がある

エアコン

エアコン

コンプレッサー本体のトラブルやガス抜けは少なく利きは十分
スイッチ系のレジスターとサーモアンプは故障しやすいので要注意

コンピューター

コンピュータ

インジェクション車にはコンピュータが搭載されている
本体の故障は少ないが周辺のバキュームホースは熱で割れやすいので要注意

プラグ

プラグ

スパークプラグは燃焼効率を大きく左右する 写真は白金プラグを超える長寿命を誇るNGKイリジウムMAXプラグ(1本1890円)
新品に交換したい

NGKプラグの問い合わせ先●http://www.ngkntk.co.jp/

ベルト類

ベルト類

ベルト類は定期交換部品のひとつ 張り具合はつねに確認したい ささくれが出はじめたら交換時期 パーツ代は1000~2500円

ラジエター ラジエター

ラジエター

冷却水量は乗車ごとに点検 目安はワイヤーブリッジが見えるくらいの位置までラジエターファン(下)は熱で変形しやすく冷却効率に影響する

オイル オイル

オイル

お勧めオイルは 20W-50(MT車は 15W-40) 交換時期は3000kmもしくは半年ごと 費用は約8000円 フィルターの交換はオイル交換2回につき1回がベスト

※表示価格はパーツ代のみで工賃は含みません

close