うるさい頑固メカニックも本誌の編集スタッフも、いま、95年式のクラシック・ミニに夢中です。リメイク復活作戦のテーマは、親しみある“大人のセミビンテージ”タイプです。今回はエクステリアの本格カスタマイズと、インテリアの総仕上げ
です。どうぞ、ご参考に!

外観の主なドレスアップポイントは、オーバーライダー/サイドミラー/円盤型ホイールキャップをはじめとする各種メッキパーツの装着と、ルーフ/オーバーフェンダー/ホイールの塗装である。メッキはクラシカルな雰囲気を演出し、ルーフやオーバーフェンダーの塗装は、質感の向上効果がある。そして、メッキがはがれていたエンブレムは取り外した。

ルーフペイント

ルーフペイント

ルーフとボディのツートンカラー化はミニのお家芸 ルーフのホワイト塗装は6万円から カラーは少し黄色みを帯びたオールドイングリッシュホワイトを選択 上品なビンテージ感を演出した

サイドミラー

サイドミラー

サイドミラーをテックス社の丸型タイプ(2個/2万1000円)に交換 穴開け/埋め作業が必要なフェンダーミラーよりも手軽にクラシカル感がデザインできた 折りたたみはできない

オーバーフェンダー

オーバーフェンダー

素材色だったオーバーフェンダーをボディと同色に(4カ所/約4万円)



タイヤ&ホイール

タイヤ&ホイール

タイヤはブリヂストンBスタイルEXに交換(詳細は次号で)ホイールは純正をそのまま応用 ルーフと同じオールドイングリッシュホワイト色に塗装(4本/約4万円)して円盤型ホイールキャップ(4枚/1万2000円)を装着 これでテイストは60年代か?!

ワイパー

ワイパー

ワイパーアーム&ブレード&ピポット(付け根部のカバー)をメッキ仕様に 価格は左右セット1万5000円

オーバーライダー

オーバーライダー

前後バンパーに穴開け不要のオーバーライダー(4個/1万6800円)を装着して重厚感が増した Mk-Ⅰが装備するコーナーパイプはまたの機会にした

燃料タンクエプロン

燃料タンクエプロン

給油口に燃料タンクエプロン(リバーシブルタイプ1260円)を装着 ファッション性だけでなく給油時に垂れがちなガソリンからボディを守る効果がある

エンブレム+ライセンスランプカバー

エンブレム+ライセンスランプカバー

メッキライセンスランプカバー(7000円)とMk-Ⅲトランクリッドバッジ(5040円)“1300バッジ”は1.3ℓ車用のオリジナル仕様

アドバイス 取り扱い説明書
クラシック・ミニのカスタマイズは、まさに無限大。つまり、理想を追求すると大変ですが、また、それが楽しみでもあります。時間と予算面を考慮するなら、クルマは購入時からある程度ユーザーの好みや方向性が近いモデルの選択をお勧めします。ボディカラー(ミニはボディが小さいため比較的安価で再塗装できる)よりもタイヤ&サス/センターメーターの有無/チューニング状況などを重視してください

次回はいよいよ「総集編」です。これまで装着してきた、さまざまなお勧めアイテムやパーツ類を振り返ります。 新品タイヤ(BスタイルEX)に履き換えてロードテストにも挑戦します!

エンブレムの張り替えはユーザー自身で行いたい エンブレムはがしキット(実勢価格950円)は古いエンブレムをはがすワイヤーと粘着剤を落とすクリーナーがセットです

ミニの相談なんでもOK!!
協力●クラシック・ミニ専門店ミニハウス・ヨール TEL:045・592・0301 http://www.mini-yawl.com/

エンブレムはがしキットの問い合わせ先●ソフト99コーポレーション TEL:06・6942・2851 http://www.soft99.co.jp/

close