ー 

スバルWRX S4/STI、精悍なフロントマスクと新色の改良モデル

Writer:大貫直次郎 

スポーティなエクステリアをより際立たせた改良版のWRX S4STIがデビュー!

 SUBARU514日、AWDスポーツセダンのWRX S4STIの改良モデルを発表した。

車種展開

FA201998cc水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジン(300ps)+スポーツリニアトロニック搭載のWRX S4シリーズ

2.0GT EyeSight3369600円)

2.0GT-S EyeSight3736800円)

STI Sport EyeSight4093200円)

EJ201994cc水平対向4気筒DOHCツインスクロールターボエンジン(308ps)+6MT搭載のWRX STIシリーズ

WRX STI3866400円)

WRX STI TypeS406800円)

発売は627日を予定している。

WRX(S4).jpg▲スバルWRX S4STI Sport EyeSight 価格:8CVT4093200円 全長4595×全幅1795×全高1475mm ホイールベース2650mm 車重1540kg フロントグリルにメッキモールを追加してウイングモチーフを強調 ボディカラーには新色のマグネタイトグレー・メタリックを設定した

 今回の改良は、エクステリアのスポーティさをいっそう強調したことが特徴だ。WRX S4シリーズでは、STI Sport EyeSight のフロントグリルのデザインを変更。メッキモールを追加してウイングモチーフを強調し、より精悍なアレンジとした。また、2.0GT-S EyeSight 18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更し、足もとのイメージを引き締める。

 WRX(STI).jpg▲スバルWRX STI TypeS 価格:6MT406800円 全長4595×全幅1795×全高1475mm ホイールベース2650mm 車重1490kg フロントフォグランプカバーを新デザインに変更 TypeSには切削光輝の19インチアルミホイールを装備した

 一方でWRX STIシリーズに関しては、全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更。また、WRX STI TypeS には切削光輝の19インチアルミホイールを装着し、走りの躍動感をいっそう強調した。

WRX(ハイビーム).jpg▲ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更 より低車速から作動を開始することで夜間走行時の安全性をいっそう向上させた

 WRX S4STI全車に共通する改良点として、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更した。より低車速から作動を開始することで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をいっそう向上させる。また、設定ボディカラーのダークグレー・メタリックを新色のマグネタイトグレー・メタリックに刷新。さらに、トランクの開閉方法を変更し、すべてのドアがアンロックされている場合にアクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕組みとした。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報