ー 

BMW8シリーズ・ディーゼルは2019年夏以降に渋滞時ハンズ・オフ機能を搭載

Writer:大貫直次郎 

BMWの最上級ラグジュアリーモデルの8シリーズにディーゼルエンジン搭載車が登場!

 BMWジャパンは520日、最上級ラグジュアリーモデルの8シリーズにディーゼルエンジン搭載車を追加設定し、同日より発売した。車種展開は以下の通り。

BMW 840dxドライブ:1237万円

BMW 840dxドライブ・Mスポーツ:1360万円

BMW 840dxドライブ・カブリオレ:1334万円

BMW 840dxドライブ・M スポーツ・カブリオレ:1443万円

BMW 8.jpgBMW 840dxドライブ 車両価格:8SAT1237万円 全長4855×全幅1900×全高1340mm ホイールベース2820mm 車重1880kg 319ps69.3kgmのパワー&トルクを発生する2992cc直列6気筒DOHCディーゼルターボエンジンを搭載する

 注目のパワーユニットは、BMW自慢の新世代プレミアムディーゼルエンジンである2992cc直列6気筒DOHCディーゼルターボだ。可変翼を採用した低速用ターボおよび高速用ターボを組み込むことで、低回転域から強大なトルクを発生。最高出力は319ps4400rpm、最大トルクは69.3kgm17502250rpmを絞り出し、低速時はストレスのない軽やかな走りを、高速時には優雅でゆとりのある快適な走りを実現する。組み合わせるトランスミッションは、専用セッティングの8速スポーツAT。駆動機構には、走行中の路面状況や4輪すべての駆動状態を常に検知し、車両速度やステアリング操作に対して前後トルク配分を最適化する4輪駆動システムのXドライブを採用した。

 ボディタイプは美しいシルエットが織りなす優雅さや艶麗なリアフェンダーの造形が醸し出す官能的なデザインなどを特徴とする2ドアクーペと2ドアカブリオレの2種類をラインアップする。また、クーペボディの840dxドライブ・Mスポーツに関しては、より鮮烈でアグレッシブな印象へと変貌させるMテクニック・スポーツ・パッケージを新たに設定。力強い漆黒 の20インチMライトアロイホイール・Yスポークスタイル728Mジェットブラック&パフォーマンスタイヤや、19インチの大径Mスポーツブレーキ、Mリアスポイラーなどを採用し、8シリーズが誇る圧倒的な走行性能と個性をより際立たせる装備群となっている。

 セーフティシステムの拡充にも抜かりはない。今回の新設定モデルには、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサーおよびレーダーによって、より精度と正確性を向上させた最先端の運転支援システムを標準装備。具体的には、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィックウォーニングなどを組み込む。また、パーキングアシスタントにはリバースアシスト機能を内蔵。これにより、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることを可能とした。さらに、最新のBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントやBMWコネクテッド・ドライブを導入し、クルマとユーザー、情報をシームレスに繋げて、より快適でスマートなモビリティライフをサポートする。2019年夏以降には、ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載する予定だ。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報