ー 

プジョーSUV2モデルが最新の欧州排ガス規制対応ガソリンエンジンと8速オートマチックを搭載

Writer:大貫直次郎 

プジョー30085008が新1.6リットルガソリンエンジンと8ATを採用して日本デビュー!

 プジョー・シトロエン・ジャポンは521日、プジョー・ブランドのSUVモデルである30085008に改良型の新ガソリンエンジンと電子制御8速オートマチックを搭載し、同日より発売した。車種展開は以下の通り。

■プジョー3008

3008アリュール:367万円

3008アリュール・LEDパッケージ:385万円

3008 GTライン:409万円

■プジョー5008

5008アリュール:414万円

PEUGEOT 3008&5008 1.jpg▲プジョー3008 GTライン(写真・右) 価格:8SAT409万円 全長4450×全幅1840×全高1630mm 車重1480kg 乗車定員5名 プジョー5008アリュール(同・左) 価格:8SAT414万円 全長4640×全幅1840×全高1650mm 車重1560kg 乗車定員7

 今回搭載される新エンジンは、従来の1.6リットル"PureTech"ガソリンエンジンを改良して新しい欧州排出ガス規制のEURO6.2に対応した1598cc4DOHC直噴ターボユニットだ。ガソリン微粒子フィルターを組み込んで排出ガスのクリーン化を図ったほか、フリクションの低減や電子制御ウエストゲートバルブの採用などによって、さらなる高効率化とハイレスポンス、スムースな吹け上がりを実現する。最高出力および最大トルクの数値は180ps/5500rpm250Nm/1650rpmだ。

PEUGEOT 3008&5008 2.jpg▲新しい欧州排出ガス規制のEURO6.2に対応した1598cc4DOHC直噴ターボエンジン(180ps250Nm) ガソリン微粒子フィルターを組み込んで排出ガスのクリーン化を図った

 組み合わせるトランスミッションは、日本のアイシン・エィ・ダブリュと共同開発した専用セッティングの新世代電子制御8速オートマチック(EAT8)。エコモード/通常モード/スポーツモードという3つのドライブモードが選択可能で、エコモード時は新しく内蔵されたフリーホイール機能によって、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切って燃費改善を果たす。なお、燃料消費率は3008JC08モードで15.0km/lWLTCモードで13.4km/l5008JC08モードで14.3km/lWLTCモードで13.4km/lと公表している。

 装備の充実ぶりも新グレードの特徴で、全モデルにエレクトリックパーキングブレーキ/ヒルスタートアシスタンス、フロント&バックソナー、ワイドバックアイカメラ、アクティブセーフティブレーキ/ディスタンスアラート、アクティブブラインドスポットモニターシステム、ドライバーアテンションアラート、Peugeotミラースクリーン(Apple CarPlayAndroid Auto対応)を標準装備。また、3008 GTブルーHDiおよび5008 GT ブルーHDiで約70%という高い装着率を得ているファーストクラスパッケージ(30万円。運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート/前席シートヒーター/パノラミックサンルーフ/360°ビジョン)を3008 GTラインと5008アリュールに設定している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報