ー 

レクサス・ブランドのラグジュアリーSUVが魅力的なマイナーチェンジを実施! 発売は8月を予定

Writer:大貫直次郎 

ラグジュアリーSUVのレクサスRXのマイナーチェンジモデルが世界初公開! 最新技術の投入でさらなる進化を遂げる

 トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスは530日、ラグジュアリーSUVに位置するレクサスRXのマイナーチェンジモデルを初公開。同時に、8月下旬に発売する旨を発表した。

LEXUS RX 1.jpg▲世界初公開されたマイナーチェンジ版のレクサスRX エクステリアについてはよりエレガントでダイナミックなデザインに昇華 フロントのスピンドルグリルにはL字モチーフのブロックメッシュパターンを導入してレクサスSUV独自の記号性を持たせた

 今回のレクサスRXの改良は、今後も先駆者としてラグジュアリーSUV市場をけん引し、レクサスならではの価値を提供し続けるべく、大幅な進化を目指したことが特徴である。

 まずエクステリアについては、よりエレガントでダイナミックなデザインを具現化する。サイドビューはフロントバンパーからドアサイドまでのキャラクターラインに連続性を持たせることで、勢いのあるアレンジに昇華。同時に、サイドのドア下のロッカー形状からフロントグリル下端までがひと繋がりに抜けていくような造形のバンパー下端部でグリルを支えるような印象を付与し、力強さと安定感を表現した。また、リアセクションはバンパーサイドからバンパーの下側に繋がるラインと、リアピラー下端のウィンドウグラフィックを合わせて車両後方へ抜ける造形とすることで、エレガントさをアップ。さらに、バンパー下端のマフラーやアンダーガードなどの部品を水平基調の意匠としてワイド感を強調する。そして、フロントのスピンドルグリルにはL字モチーフのブロックメッシュパターンを採用してレクサスSUV独自の記号性を持たせるとともに、メッシュグリルに抑揚をつけ、中心部に向けて押し出しのある立体造形とすることで、バンパーサイドとの一体感を表現。また、グリルのフレームをバンパーサイドからの流れに呼応する造形とし、サイドから見ても一体感のあるデザインとした。加えて、ヘッドランプ自体はユニットの形状を従来型より小型化することでシャープな印象を持たせたほか、リアコンビネーションランプの上部にL字を4つ重ねたモチーフを配置し、下部はそのモチーフを反転させた造形とすることで、レクサスSUVとしてのアイデンティティを際立たせた。

LEXUS RX 2.jpg▲リアビューはバンパーサイドからバンパーの下側に繋がるラインとリアピラー下端のウィンドウグラフィックを合わせて車両後方へ抜ける造形とすることでエレガントさをアップさせた

 内包するインテリアに関しては、従来型で好評だった質感の高さはそのままに、ナビゲーションのタッチディスプレイ化やUSBソケットの増設、スマートフォン収納箇所の追加、タッチパッド式のリモートタッチを採用するなど、より高い利便性を実現する。また、3列シート車のサードシートを改良して2種類のシートポジションを設定。足もとの空間を広げたポジションと、ラゲッジスペースを重視したポジションを使用パターンに合わせて選択できるようにした。さらに、3列シート車のセカンドシートにキャプテンシート(左右独立セパレートシート)を追加設定することで、ゆったりとした快適な室内空間を提供する。

LEXUS RX 3.jpg3列シート車のサードシートを改良して2種類のシートポジションを設定 足もとの空間を広げたポジションとラゲッジスペースを重視したポジションを使用パターンに合わせて選択できるようにした

 ボディについては、スポット溶接の打点を増やすとともに構造用接着剤の接着長を拡大することで、剛性を着実にアップ。一方、サスペンションまわりではハブベアリングの剛性を高めて車両の応答性を向上させるとともに、スタビライザーバーの剛性を上げることでアンダーステアの軽減とロールの低減を図った。また、コーナリング中にアクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト(ACA)の採用やEPSのチューニング変更により、リニアなステアリングフィールと高い操縦安定性を実現。さらに、ショックアブソーバーにフリクション・コントロール・デバイスを追加し、路面からの微小な入力による高周波振動を低減した。

LEXUS RX 4.jpg▲ハイビームの照射範囲を広げる世界初のブレードスキャン式アダプティブハイビームシステム(AHS)を新採用した

 先進技術による安全性および機能性の徹底追求も、改良版のアピールポイントだ。まず安全性では、世界初のブレードスキャン式アダプティブハイビームシステム(AHS)を新搭載したことが訴求点。この新システムは、光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射し、ブレードミラーに反射した光がレンズを介して高速移動しながら前方を照らす仕組みだ。残像効果で光は動いているように見えないが、ブレードミラーの回転に同期させてLEDの光を適切なタイミングで点灯・消灯することで、配光を細かく制御。これにより従来のAHSに比べて細かい遮光が可能となってハイビームの照射範囲が広げられ、対向車および先行車を眩惑せずに素早く歩行者や標識を認識できるようになった。一方、機能性の面ではマルチメディアシステムへのタッチディスプレイの新採用に加え、スマートフォン連動機能に対応。Apple CarPlayAndroid AutoBaidu CarLifeなどのアプリケーションを音声で操作することが可能になるなど、利便性を大きく引き上げた。また、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」の機能もいっそうの進化を果たしている。

 車種展開やパワートレインなどの詳細については、8月下旬の発売時にレポートしよう。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報