ー 

エレガントとパフォーマンス。大切な価値とは

Writer:西川淳 Photo:BMW

BMWM850ixドライブ・カブリオレ 試乗記

BMW M850i xDrive Convertible_01.JPGBMWM850ixドライブ・カブリオレ 価格:8SAT 1838万円 エレガントさとハイパフォーマンスを追求したフラッグシップGTオープン Mパフォーマンスチューンの4.4リッター・V8搭載 0100kmh加速は3.9秒でクリア 駆動方式は電子制御4WD

新型はスタイリッシュなキャンバストップ仕様

 最新8シリーズは、新世代4シーター・フラッグシップGTとして誕生。従来の6シリーズと1990年代の旧型8シリーズのキャラクターを踏襲するだけでなく、スポーツカーレベルのハイパフォーマンスを備えている。

 8シリーズに追加されたコンバーチブルは、旧6シリーズ同様に、エレガントなソフトトップスタイルを選択した。

 日本では耐候性に優れたリトラクタブルハードトップ(RHT)形式を望むユーザーが多いと聞く。しかし、8シリーズがRHTを採用していたなら、こんなに美しいスタイリングにはならなかっただろう。

 2シーター(たとえばフェラーリ488シリーズ)ならまだしも、フル4シーターともなればルーフの面積は大きくなり、デザイン面での制約が厳しくなる。ルーフの格納方法も複雑になる。

 ソフトトップなら収納しやすく、何よりデザインはシンプルで済む。異素材×異カラーというコーディネーションも楽しめる。

 いまでも高級なコンバーチブルモデルはソフトトップが主流だ。ロールス・ロイスやベントレー、アストンマーティンといったブランドなどが採用していることからもわかる。

BMW M850i xDrive Convertible_03.JPG全長×全幅×全高4855×1900×1345mm ホイールベース2820mm 車重2120kg アクティブスタビライザーを備えたアダプティブMサスペンションプロ標準

加速はスーパーカー級 パワーは暴力的

 試乗車はM8500i・xドライブ。ワンタッチ操作でソフトトップを収納し、ウインドディフレクターを立てて走りだした。新型は、50km/h以下なら走行中でもトップの開閉操作が可能。開閉に要する時間は約15秒だ。

 クーペに比べて100キロの重量増など、530㎰/750Nmを発する4.4リッターのV8ツインターボにとっては何の影響もない。2000rpm以下からわき出る最大トルクによって、スーパーカー級の加速フィールが味わえる。3000rpmm以上になると、スピードはもはや暴力的なレベル。フルオープンでのドライブでは、ちょっと怖くなってしまった。

 トップを閉じればクーペと変わりなく安心してドライビングに専念できる。

 加速のみならずハンドリングもまたクーペと遜色のないパフォーマンスを見せた。ハンドリング性能は、まるで小型スポーツカーのように意のまま。このあたりの巧みな制御は最新BMWの真骨頂だ。

 街中での乗り心地はクーペよりわずかに肩の力が抜けている感じ。実に心地よかった。ゆっくり流れに乗って走っていると、スポーツカーのイメージはなく、豪華なツーリングクルーザーに徹する。

 走りもスタイルも最高。新型は最良のフラッグシップオープンである。

BMW M850i xDrive Convertible_53.JPGインパネは上質で機能的 各部レザー仕上げ 中央に1025インチワイドディスプレイを装備 ハンドリングはスポーティ 日本仕様は右ハンドル

BMW M850i xDrive Convertible_56.JPGシートはマルチファンクション本革メリノシート標準 後席足元スペースはタイト 乗り心地はフラットで滑らか

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報