ー 

SUBARUの人気SUV、フォレスターが一部改良を実施して利便性と新鮮味をアップ

Writer:大貫直次郎 

SUBARUSUVモデル「フォレスター」が一部改良を敢行! 「リアシートリマインダー」を新採用するなど機能性を向上させる

 SUBARU610日、グローバル戦略SUVモデルに位置するフォレスターの一部改良を行い、718日に発売すると発表した。車種展開は従来と共通で、以下の通り。

FORESTER1 Advance.jpg▲フォレスター・アドバンス 価格:7CVT3099600円 全長4625×全幅1815×全高1715(ルーフレール含1730mm ホイールベース2670mm 車重1640kg 昨年7月に発売された新型フォレスターはe-BOXER 搭載のアドバンスの人気が最も高く、全販売台数の約半数を占める

■2.0リットル水平対向4気筒DOHCエンジン+モーター搭載モデル
アドバンス:309万9600円
■2.5リットル水平対向4気筒DOHCエンジン搭載モデル
ツーリング:280万8000円
Xブレイク:291万6000円
プレミアム:302万4000円

 今回の改良では、まず後席への荷物等の置き忘れをブザーおよび画面表示でユーザーに知らせる「リアシートリマインダー」を新たに採用したのが訴求点となる。これにより、フォレスターの機能性はいっそう向上した。

FORESTER2 X-BREAK.jpg▲フォレスター・Xブレイク 価格:7CVT2916000円 全長4625×全幅1815×全高1730mm ホイールベース2670mm 車重1530kg 写真のボディカラーは新色のマグネタイトグレー・メタリック

 エクステリアに関しては、ライセンスランプにLEDランプを標準装備(ツーリング/Xブレイク/プレミアム)したことが特徴となる。さらに、ボディカラーの新色としてマグネタイトグレー・メタリックを新設定。緻密で滑らかな輝きと落ち着きのある色合いが、フォレスターのルックスをさらに魅力あるものへと昇華させている。

FORESTER Premium&Advance用ファブリックトリコット+合成皮革シート.jpg▲内装のアレンジは基本的に従来モデルと共通 後席への荷物等の置き忘れをブザーおよび画面表示でユーザーに知らせる「リアシートリマインダー」を新たに採用した

 パワートレインは基本的に従来と共通で、アドバンスに"e-BOXER"FB201995cc水平対向4気筒DOHC16V直噴デュアルAVCS145ps)+MA1型モーター(10kW)+リニアトロニックを、ツーリング/Xブレイク/プレミアムにFB252498cc水平対向4気筒DOHC16V直噴デュアルAVCS184ps)+リニアトロニックを搭載する。駆動機構には路面や走行状況に応じて前後輪に最適なトルクを配分するアクティブトルクスプリットAWD、および4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールすることで悪路からのスムーズな脱出を実現する2モードタイプのX-MODEを採用。また、安全および運転支援機構としてアイサイトコアテクノロジーやアイサイトセイフティプラス、ドライバーモニタリングシステム、サイドビューモニター、LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプなどを設定している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年9月号

  • ワンダフルSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る