ー 

ボルボV60のPHEVモデルにベーシックモデルのモメンタムを追加設定!

Writer:大貫直次郎 

V60PHEVモデル「V60T6ツインエンジンAWD」にベーシック仕様のモメンタムを追加。合わせてV60シリーズの一部仕様変更も実施

 ボルボ・カー・ジャパンは611日、プレミアム・ミッドサイズステーションワゴンのV60のプラグインハイブリッドモデル「V60T6ツインエンジンAWD」にベーシックモデルのモメンタムを追加設定。合わせて、V60シリーズの一部仕様および価格の変更を実施した。

V60 T6 Twin Engine AWD Momentum1.jpg▲ボルボV60T6ツインエンジンAWDモメンタム 価格:8SAT659万円 全長4760×全幅1850×全高1435mm パワートレインは1968cc4DOHC16V直噴ターボチャージャー&スーパーチャージャーエンジン(253ps)+電気モーター(定格出力・前22kW/後28kW)+電子制御8ATギアトロニックを搭載 プラグインハイブリッド車の全体の仕様変更として駆動用リチウムイオンバッテリーの容量を30Ahから34Ahに拡大した

車種展開は以下の通り。

V60・T5モメンタム:499万円
V60・T5インスクリプション:599万円
V60・T6ツインエンジンAWDモメンタム:659万円
V60・T6ツインエンジンAWDインスクリプション:759万円
V60・T8ツインエンジンAWDインスクリプション:829万円

 新設定グレードのV60T6ツインエンジンAWDモメンタムは、これまで上級グレードの インスクリプションのみの展開だったプラグインハイブリッド車のV60T6ツインエンジンAWDシリーズに新たに加わったベーシックモデルである。車両価格は659万円と、ボルボすべてのプラグインハイブリッド車のラインナップ中、最も価格を抑えたモデルだ。パワートレインは基本的にT6ツインエンジンAWDインスクリプションと共通で、1968cc4DOHC16V直噴ターボチャージャー&スーパーチャージャーエンジン(253ps)+電気モーター(定格出力・前22kW/後28kW)+電子制御8ATギアトロニックを搭載。駆動機構には電子制御AWDシステム(エンジン+モーター)を採用する。インスクリプションに比べて高級装備は一部簡略化されるものの、先進安全・運転支援機能のインテリセーフなどは標準装備だ。

 また、プラグインハイブリッド車の全体の仕様変更として、駆動用リチウムイオンバッテリーの容量を30Ahから34Ahに拡大し、EV走行距離を向上させる。燃費性能はWLTCモードで13.7km/l、プラグインレンジは48.2kmとなった。

 V60シリーズ全体の一部仕様変更に関しては、安全装備の改良が訴求点だ。まず、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」に、ステアリングアシスト機能を追加する。これは、車線変更や自車線からの逸脱により隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じた場合、ステアリングを修正し、衝突回避をアシストする機構だ。さらに、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正して車線の中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」に、ステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能を追加。安全性能にいっそうの磨きをかけている。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報