ー 

世界で最もアクティブなワゴンとは

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

ボルボV60クロスカントリーT5AWDプロ 試乗記

IMG_2850.JPGボルボV60クロスカントリーT5AWDプロ 価格:8SAT 649万円 クロスカントリーはベース車のV60比で70㎜高い全高と樹脂製フェンダーエクステンションが特徴 駆動方式は電子制御4WD 優れた悪路走破性の持ち主 最低地上高は210

オフロード対応、タフネス4WDワゴン登場

 ボルボV60クロスカントリーは、新たなクロスオーバーモデル。日本車でいまや"空白地帯"になりつつあるステーションワゴンのジャンルに入るニューカマーだ。

 エクステンション付きフェンダーの採用など、「クロスカントリー」の名称にふさわしいSUVテイストを加えたボディのスリーサイズは4785×1895×1505㎜。ベースモデルのV60に対して全長が25㎜長く、全幅は45㎜ワイド。全高は70㎜高い。一般的なタワーパーキングに収まる全高設定は、「日本の駐車場事情も考慮した」と伝えられる。

 最低地上高は210㎜を確保。4WDシステムの採用と相まって、「しっかりとしたオフロード性能を持つ」実力は明らかだ。

 試乗車は、ファインナッパレザーシートやドリフトウッドパネル、プレミアムサウンドオーディオシステムを標準装備した上級グレードのT5・AWDプロ。タイヤサイズは235/45R19。標準仕様の215/55R18よりファットだ。

 パワーユニットは2リッター直4ターボ(254㎰/350Nm)。同じパワーパックのFF仕様V60比で、車重は100㎏ほど重い1810㎏。「多少重いかな」という印象は受けたが、スタートの瞬間から加速に不満はない。

 さらに、ひとたび走りはじめればアクセル操作に対する加速感は「小気味よい」と表現できる。最新のターボ付き2エンジンの性能は、ひと昔前のユニットとは比べ物にならない。日常シーンでの性能は素晴らしい。

IMG_2856.JPGクロスカントリーのラインアップは上級版のT5AWDプロとT5AWD549万円)の2グレード ボディカラーは全7

抜群の静粛性。コーナリング時の安定した動きがいい

 静粛性は高い。これが走りの好印象に大きく貢献している。エンジンノイズやロードノイズはバランスよく抑え込まれ、市街地から高速道路まで、幅広いシーンで静かな印象が持続する。

 大径タイヤを装着しているが、ばね下重量が大きい、と意識する場面はない。乗り味は良好で上質。コーナリング時の安定性は優秀だ。全高はベース車比70㎜も高くなっているが、ロールが増した感覚はなかった。

 ベースのV60と異なる印象を実感させられたのは、路面凹凸を乗り越えた際のボディの動き量。クロスカントリーは少し大きい。

 ただしマイナスはその一点のみ。「クロスカントリーの登場でV60シリーズの魅力度はいよいよ本物になった」と実感した。魅力的なワゴンだ。

IMG_2958.JPGインパネ中央に9インチセンターディスプレイ装着 各部の作りは上質 T5AWDプロは高音質14スピーカー・オーディオ標準

IMG_3002.JPGT5AWDプロはファインナッパレザーシート標準 前席はヒーター&電動調整節機構付き 乗り心地はしなやかで快適 静粛性は全域ハイレベル

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報