ー 

ドライバーを魅了するロータスの魔力

Writer:カー・アンドドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

ロータス・エヴォーラGT410スポーツ 試乗記

IMG_9984.JPGロータス・エヴォーラGT410スポーツ 価格」6SMT 14688000円/6SAT 15195600

 英国スポーツカー界の名門ロータスは、1947年以来、一貫してシャープなハンドリングとスピード性能を追求してきた。最新フラッグシップのエヴォーラは3.5リッター・V6スーパーチャージャー(416ps)搭載。0100kmh加速を4.2秒でクリアし、最高速度は305kmhに達する。駆動方式はMRである。

IMG_0005.JPGボディは高速走行時に最大96kgのダウンフォースを生むエアロ形状 各部に超軽量カーボンファイバー素材を使用

エヴォーラは、ジェントルにも乗れるロータス

 エヴォーラは、ロータスのフラッグシップ。ミッドシップレイアウトながら2+2構成のキャビンを持つGTスポーツである。ロータスは1967年発表のエラン+2以来、1980年代までラインアップに2+2(4名乗り)スポーツを設定してきた。2009年に発表されたエヴォーラは、かつての伝統を復活させた上級モデル。スパルタン指向のエリーゼやエキシージとは別キャラクターの「ジェントルにも乗れるロータス」である。

 アルミ接着スペースフレームにFRP製ボディパネルを組み合わせ、トヨタ製エンジンを搭載する基本構成は、エリーゼと同様。しかしフレームは専用設計。スーパーチャージャー仕様の3.5リッター・V6を搭載する。

 最新GT410スポーツのエンジンスペックは416ps/7000rpm、420Nm/3500rpm。6速MTが基本で、オプションで6速SATを設定。試乗車はMT仕様。

 キャビンに乗り込む。2015年の改良で初期型と比較してサイドシル高は56mm低くなり、幅は43mm狭くなった。その効果で乗降性は悪くない(それでも低いシートに体を落ち着けるには相応の柔軟性が必要だ)。

 シートはオプションのスパルコ製バケット形状。本革とアルカンターラで仕上げ、サポート性、座り心地は素晴らしい。後席は完全に補助席だ。 イグニッションをオンにし、インパネ右側のボタンを押してエンジンを始動する。ちょっぴり儀式めいた始動方法は、いかにもマニアックなスポーツモデルらしい。

IMG_0030.JPGミッドシップレイアウト/アルミ製スペースフレーム/FRP製ボディパネル/トヨタ製パワーユニットで構成する基本構成はエリーゼと共通 ハンドリングは高水準

オープンロードでもうひとつのエヴォーラを体感

 走りだしは洗練された印象。トップスピードが305km/hに達し、0→100km/h加速を4.2秒でこなすスーパースポーツだが、クラッチは軽く、エンジンも低回転域から十分なトルクを発揮する。実に運転しやすい。ペースを抑え、交通の流れに乗るだけでも楽しい。静粛性は高く、足回りはしなやか。リラックスしたクルージングが楽しめた。毎日、「ふだん使い」してもストレスはたまらないだろう。

 オープンロードを走ると、エヴォーラのもうひとつの顔を見た。410スポーツは走行モードシステム、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)を標準装備。ドライブ、スポーツ、レース、オフの4モードが設定されており、スポーツではスロットルレスポンスが鋭くなり、エグゾーストノートは豪快な音色に変化。車両姿勢制御システムは多少のスライドを許容する。

 スポーツを選ぶ。3.5リッター・V6スーパーチャージャーユニットはシャープに回り、5000rpmを超えるとさらに伸びを増す。ターボと異なり、パワーの出方はリニア。刺激的だが、扱いやすい。右足の踏み込みに応じて室内は快音で満たされ、サウンド面でもドライバーを魅了する。

 滑らかで、操舵感に優れたステアリングを切ると、ノーズはスッとインを向く。ロールはほとんど感じられず、路面に張りつくような感覚だ。コーナー出口でアクセルペダルを踏み込むと、後輪がぐっと踏ん張り、豪快な加速とともにコーナーを脱出していく。ブレーキの利きは素晴らしい。

IMG_0151.JPG室内は機能的 写真はアルカンターラステアリング(64800円)とインテリアカラーパック(102600円)装着車

みなぎるドライビングの充実感。走りレーシー

 エヴォーラは、スピードが高まるほど、ステアリングやシートを通じて走行状況をリアルに伝える。当然、自分自身でコントロールしている感覚があり、ドライビングに充実感が生まれる。圧倒的なスピードを誇るうえに、ドライビングそのもの、そしてその過程を楽しむクルマだと実感した。

 エヴォーラを同じミッドクラスのMRスポーツ、ポルシェ・ケイマン&ボクスターと比べると、いっそうレーシーでクルマと濃厚な対話が楽しめる。エヴオーラはロータスのフラッグシップだけにドライビングの喜びを徹底追求している。

IMG_0213.JPGシートはスパルコ製バケット(オプション739800円) サポート性/座り心地ともに高水準 後席は荷物用に最適な補助席

IMG_0117.JPG3456ccV6DOHC24Vスーパーチャージャー(トヨタ製2GRFE型) 416ps7000rpm 420Nm3500rpm スムーズなレスポンス 全域トルクフルで扱いやすい

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報