ー 

トヨタのコンパクトHVが安全・安心装備を拡充。3モデルの特別仕様車も設定

Writer:大貫直次郎 

トヨタ・アクアが一部改良で安全・安心装備を充実。ビジネスに最適な特別仕様車も発売

 トヨタ自動車は71日、コンパクトHV車のアクアの一部改良を実施。同時に、ビジネスに最適な特別仕様車のS"ビジネス・パッケージ(Business Package"を新設定し、さらに従来型で好評の特別仕様車 S"スタイル・ブラック(Style Black"と特別仕様車クロスオーバー"グラム(Glam"の装備の充実化を図った。

AQUA1.jpg▲トヨタ・アクアS 価格:THS1886760円 全長4050×全幅1695×全高1455mm 車重1090kg パワートレインは従来と同様に1NZ-FXE1496cc直列4気筒DOHCエンジン(74ps)+1LM型永久磁石式同期型モーター(45kW)を搭載 写真のボディカラーは新規設定色のサーモテクトライムグリーン

車種展開は以下の通り。

L:178万5240円
S:188万6760円
G:205万9560円
Gソフトレザーセレクション:208万6560円
クロスオーバー:205万9560円
S"ビジネス・パッケージ":191万7000円
S"スタイル・ブラック":204万9840円
クロスオーバー"グラム":215万8920円


 今回の改良は、安全・安心装備のさらなる拡充が訴求点だ。まず、駐車時に車両周辺の状況をナビゲーション画面で確認できるパノラミックビューモニターを新たに設定。また、オート電動格納式リモコンカラードドアミラーには車両後退時に助手席側の鏡面が自動で下向きになって駐車ラインなどの確認が容易になるリバース連動機能を組み込んだ。さらに、ドアミラー自体には付着した霜や曇りを取り除くヒーター機構を全車に標準で装備する。

AQUA2.jpg▲駐車時に車両周辺の状況をナビゲーション画面で確認できるパノラミックビューモニターを新たに設定した

 外装については、フロントグリルとホイールキャップの意匠、リアコンビネーションランプの加飾を変更したことが特徴。また、外板色には新規設定色のサーモテクトライムグリーン(オプション)を含む全11色(クロスオーバーは全12色)をラインアップした。一方で内装に関しては、Gグレードのシート表皮をダークブラウン基調としたほか、Sグレードの内装色でレッドを選択した場合にインストルメントパネルの助手席側カラーをブラック、レジスターリングをレッドに刷新するなど落ち着きのある印象を付与している。

AQUA S▲トヨタ・アクアS"ビジネス・パッケージ" 価格:THS1917000円 衝突回避支援パッケージのToyota Safety Senseやインテリジェントクリアランスソナーなどを特別装備 ボディカラーにはスーパーホワイト(写真)を含む全3色を設定

AQUA S▲荷物の積載に優れたフルフラットデッキボードを特別装備 内装色にはナチュラルグレーを採用する

 特別仕様車の充実化も今回の変更のポイントだ。まず、ビジネスに最適な特別仕様車のS"ビジネス・パッケージ"は、Sグレードをベースに、ビジネス用途に合わせて装備を厳選したほか内装色にナチュラルグレーを採用。また、衝突回避支援パッケージのToyota Safety Sense、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ[静止物])、荷物の積載に優れたフルフラットデッキボードなど、安全・安心・便利機能を特別装備し、さまざまなビジネスシーンでの活用に適した仕様に仕立てる。外板色には、スーパーホワイトを含む全3色を設定した。

AQUA S▲トヨタ・アクアS"スタイル・ブラック" 価格:THS2049840円 専用LEDヘッドランプやナビレディパッケージなどを新設定した

 特別仕様車の S"スタイル・ブラック"とクロスオーバー"グラム"は、装備の拡充を図りながら継続設定する。S"スタイル・ブラック"は専用LEDヘッドランプやナビレディパッケージを特別装備するとともに、シートには車内消臭・防汚・撥水機能付の高機能表皮を導入。一方でクロスオーバー"グラム"は、ナビレディパッケージを特別装備したほか、アウトサイドハンドルにメッキ加飾を施すなど、より魅力的な仕様に昇華した。

AQUA Crossover▲トヨタ・アクア・クロスオーバー"グラム" 価格:2158920円 全長4060×全幅1715×全高1500mm 車重1100kg アウトサイドハンドルには新たにメッキ加飾を施した

 なお、アクアは発売同日から全国展開を開始する愛車サブスクリプションサービス「KINTO ONE」(税金や保険の支払い、車両のメンテナンス等の手続きをパッケージ化した月額定額サービス)の車種ラインアップに追加され、購入することが可能だ。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報