ー 

「最新が最善」、911が進化する理由

Writer:河村康彦 Photo:PORSCHE

令和の名車:ポルシェ911カレラ4S

PJ001.jpgポルシェ911カレラ4Sクーペ(992型) 価格:8SMT 1772万円 カレラ4S450㎰を発揮する3水平対向6気筒ツインターボをリアオーバーハング部に搭載 ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは旧型比で5秒速い725秒をマーク

55年間守り続けてきた911の価値とは

 誕生以来55年間、つねにトップスポーツカーの座に君臨し、その実力を世界に見せつける――ポルシェ911の魅力は、世界屈指の長い歴史に支えられながらも、伝統に甘んじず、最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、スポーツカーシーンの先頭を走り続けてきた点にある。

 どんなアングルからでも911に見える「猫の背中」型ボディ、その後端にマウントされた水平対向6気筒エンジン。あまりにも有名な歴史あるモデルゆえ、アイコンとなるハードウエアに手を加えることが困難という事情を抱える。これを「911のウイークポイント」ととらえる見方も確かにある。

 それでも911は、いつの時代も世界のトップスポーツカーと呼ぶにふさわしいパフォーマンスを披露し続けてきた。この事実は誰も否定できない。日本デリバリーが秒読み段階になった最新992型でも、圧倒的な実力を体感した。

 フロントフードに新たに加えられたプレスラインや、センターコンソールと分断されて水平基調が目立つダッシュボードは、過去のクラシックモデルとの関連性を強調した992型の個性。8速DCTの新採用や、将来のハイブリッド化を視野に入れたモーター用スペースを確保するなど、フルモデルチェンジではないと実現困難な部分に対処している。

PJ014.jpgボディパネルは前後セクションを除きアルミ製 新型は音響システムを利用した路面検知システム標準 Cd値は0.29をマーク

恐ろしく速い!高回転になるほどパワーが伸びる

 現時点で発表されている仕様は、ハイパフォーマンスな3リッター・ツインターボを搭載したカレラSと、その4WDバージョンのカレラ4S。環境対策として新たに微粒子フィルターが装着されたものの、シンメトリック構造のターボチャージャーやピエゾ式インジェクターを用いた直噴システム、エンジンフード下にレイアウトされたインタークーラーなどの新機軸の効果で出力が向上。従来型比で30㎰増の450㎰をマークする。

 当然、スピード性能は向上した。ニュルブルクリンク北コースでのカレラSのラップタイムは、なんと7分25秒だ。これは、従来型のタイムを一挙に5秒も縮める驚異的な記録だ。実際にドライブしても992型は恐ろしく速い。パワーユニットは、いい意味で「ターボらしさ」を意識させない。低回転域から際立つトルクが印象的。高回転域になるほどパワーは一直線に伸びる。

 フロントに20インチ、リアに21インチと、前後に異径タイヤを標準装備とした点も新型のトピック。巨大なタイヤを履きながら、「望外の快適性を提供してくれる」という特徴にも磨きがかかった。992型は、ポルシェ911の最新世代らしく、さまざまな面で再びスポーツカーの基準を刷新した。名車と呼ぶにふさわしい。

PJ026.jpg写真はストップウオッチを装備したスポーツクロノパッケージ インパネ中央に10.9インチタッチスクリーン装備

PJ021.jpg新型のシートはショルダー部の形状変更でサポート性をリファイン 室内は2+2構成

PJ002.jpgポルシェ911カレラ4S 寸法・重量:全長×全幅×全高4519×1852×1300㎜ ホイールベース2450㎜ 車重1565㎏ エンジン:2981㏄水平対向6DOHC24Vツインターボ 450㎰/6500rpm 530Nm23005000rpm JC08モード燃費:未公表 サスペンション:フロント:ストラット/リア:マルチリンク 駆動方式:4WD 乗車定員:4名 
※20195月デビュー(スペックは20195月現在)

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報