ー 

高級車のクラウンがより高級な装備アイテムを纏って登場!

Writer:大貫直次郎 

上質感をいっそう高めたクラウンの特別仕様車「S"エレガンス・スタイル"」がデビュー

 トヨタ自動車は78日、クラウンに特別仕様車の「S"エレガンス・スタイル"(S"Elegance Style")」を設定し、同日より発売した。

車種展開は以下の通り。

■2Lガソリン車
Sエレガンス・スタイル:498万960円
■2.5Lハイブリッド車
Sエレガンス・スタイル:519万6960円
S FOURエレガンス・スタイル:541万2960円

CROWN S▲トヨタ・クラウン・S"エレガンス・スタイル" 写真はリダクション機構付THSⅡA25A-FXS2487cc直列4気筒DOHC直噴エンジン+1KM型モーター)搭載車 価格:THS5196960円 全長4910×全幅1800×全高1455mm ホイールベース2920mm 乗車定員5名 ハイパークロームメタリック塗装の18インチノイズリダクションアルミホイールやセンターオーナメントを特別装備する

 今回の特別仕様車は、「S」および「S Four」をベースに、内外装に上質感を高めるスペシャル装備を充実させたことが特徴だ。

 まずエクステリアでは、ハイパークロームメタリック塗装の18インチノイズリダクションアルミホイール(8J×18。タイヤサイズは225/45R18)とセンターオーナメント、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルなどを採用し、よりエレガントかつ高級感のあるスタイリングを創出する。

CROWN S▲こがねのインテリアカラーが高級感をいっそう盛り上げる センターコンソールパネルは黒木目(欅調) センターコンソールサイドはグランリュクス巻き シート表皮はブランノーブ+合成皮革

 インテリアについては、内装色にブラックとジャパンカラーセレクションパッケージで選択可能なこがね(黄金をイメージしたキャメル系のカラー)の2タイプを設定。シートはスエード調で上質素材のブランノーブと合成皮革の組み合わせとしたほか、ドアトリムや インストルメントパネル、センターコンソールのサイドにスエード調で手触りのよいグランリュクスを導入する。さらに、センターコンソールパネルには美しい木目が印象的な黒木目(欅調)を採用し、上質でエレガントなキャビン空間を実現した。

 快適・安全装備の拡充も訴求点。ブラインドスポットモニターやリアクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ)などをセットにした "C パッケージ"相当を標準で装備している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報