ー 

<新型スープラ特集>最強RZのライバルは誰だ?

Writer:桂伸一 Photo:小久保昭彦

IMG_8965.JPGトヨタ・スープラRZ 価格:8SAT 690万円 3ℓ6ターボ(340㎰)搭載 パワーウエイトレシオ:4.47㎏/㎰ 0→100㎞/加速は4.3秒でクリア

ライバル1BMW Z4 M40i 

IMG_3878.JPGBMWZ4M40i 価格:7SAT 835万円 新型はスープラと共同開発 基本メカニズムは共通 相違点はボディタイプ 0→100㎞/h加速は4.5

メカニズム共通。兄弟対決

 生い立ちを知っているとはいえ、Z4を見て、スープラと兄弟関係にあると素直には受け入れ難い。BMW自身がピュアスポーツカーといいきるだけに、新型Z4の動きは俊敏そのものだ。まず極太グリップのステアリングが頼もしい。手応え確かでやや重い操舵感は、スープラとは異なる。
 直接比較をしていないので、予測でしかモノはいえない。異母兄弟を比較する意味があるのかといえば、どちらでもない。だが、気になることは間違いない。
 走りの雰囲気だけでいうと極めて似ている。Z4はオープンボディだけに、フロア関係はスープラ以上に高い剛性と強度を必要とする。
 Z4は、ビシッと引き締まった直進安定性を持つ。その極めて広いニュートラルゾーンを超えてステアリングを転舵しはじめると、同時か、気持ち舵角以上に早く動いたのでは!?というタイミングでインに吸い込まれる。非常にシャープな動きをする。だからドライバーに不安を与えないよう、操舵感が重めなのだと思う。
 Z4は箱根の、ボクがいつも走っているステージで試乗した。スープラの試乗会も箱根であれば比較もできるのだが、違った。
 2速のタイトコーナーを行くZ4。立ち上がり加速でアクセルを深く踏み込むと、オープン時は瞬間的にパワースライドを発生。安定制御機構と電子制御デファレンシャルが挙動を即時に収める。クローズド状態では全体の剛性が上がりタイヤの接地性が増すためか、何事も起きない。Z4の走りは素晴らしい。オープンとクローズド、2つの個性が融合している。

IMG_9285.JPGインパネは1025㌅ディスプレイとデジタルメーターを装備した最新BMW共通造形 ステアリング操舵フィールはスープラより重め

IMG_3927.JPG全長×全幅×全高4335×1865×1305㎜ 車重1570㎏ RZ比で全長は45㎜コンパクト 車重は50㎏重い M40iのエンジンは2997㏄直6DOHC24Vターボ 340㎰/5000rpm 500Nm/160〜4500rpm RZとスペックは同じ

※次ページでポルシェ718ケイマンを紹介
1  2  3  4

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報