ー 

レクサスRC Fを迎え撃つ4台の刺客たち

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

IMG_0231.JPGレクサスRCFパフォーマンスパッケージ 価格:8SAT 1404万円 パフォーマンスパッケージは「限界性能を極限まで高めたスポーツカー」をテーマに開発 CFRP製アイテムの積極採用で標準車比50㎏軽量化

ライバル1:日産GT-Rプレミアムエディション

IMG_5964.JPG日産GTRプレミアムエディション 価格:6SMT 12105720円 2020年モデルはターボを効率化しミッションとブレーキをリファイン 写真は2019年モデル

速さで圧倒。フィーリング勝負

 GT―Rは、レクサスRCFと比較すると、「スピード性能で圧勝、エモーショナルという点で後塵を拝す」と表現できる。強大なエンジン出力を無駄なく駆動力に変換するため、4本のタイヤにしっかり荷重をかけることが不可欠......というのがGT―Rの思想。
 GT―Rはフロントにエンジン、リアにトランスミッションを置くトランスアクスル方式によって前後重量配分を適正化したうえで、2本のプロペラシャフトを用いる凝ったレイアウトを採用して4WD化。0→100㎞/h加速が3秒を切るという、まさに「スーパーカー」のパフォーマンスを実現した。最高速度は300㎞/hに到達する。GT―Rの、妥協を一切排除して速さを追求する姿勢は、まさに世界最高峰だ。
 スピード性能は超一級だが、五感を刺激する官能性はいまひとつ。570㎰/637Nmのハイスペックを誇るツインターボ付きの3.8ℓ・V型6気筒エンジンは、「高出力を発することこそがアピールポイント」という印象。
 5ℓという大排気量の自然吸気V8(481㎰/533Nm)を高回転まで回すことで得られる、RCFの刺激的で迫力あふれるサウンドアピールはない。どうやっても差をつけられる。わずかなアクセル操作に即応するレスポンスといった点でも、RCFに一日の長がある。
 とにもかくにも、「速ければ善」──GT―Rには、どうしてもそうしたスタンスが感じられる。RCFは、スピード性能ではGT―Rにかなわない。だが、サウンドを含めたフィーリング面でドライバーを魅了する。

IMG_5858.JPG年次改良で高速直進安定性を改善 室内の静粛性と上質さも高まった 写真はファッショナブルインテリア(op54万円) 乗り心地は固め

IMG_5986.JPG全長×全幅×全高4710×1895×1370㎜ 車重1770㎏ エンジンは3799㏄・V6DOHC24Vツインターボ 570㎰/6800rpm 637Nm/3300〜5800rpm RCF比89㎰/102Nmパワフル

※次ページでBMW・M4クーペ・コンペティションを紹介
1  2  3  4

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報