ー 

デビュー当時の日本では金妻が流行っていたなぁ。BMW M5の誕生35周年記念モデルが日本上陸!

Writer:大貫直次郎 

BMWがM5の発売35周年を記念した特別限定車「BMW M5フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ」を発売

 BMWジャパンは8月23日、BMW M社が開発するハイパフォーマンスセダンのBMW M5の発売35周年を記念した特別仕様車「BMW M5フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ(35 Jahre Edition)」を設定し、同日より発売した。車両価格は2160万円(消費税10%込)で、販売台数は10台限定(全世界350台限定)。納車は本年12月より順次開始する予定である。

BMW M5 35 Jahre Edition1.jpgBMW M5フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ(35 Jahre Edition) 価格:8SAT2160万円 全長4965×全幅1905×全高1480mm ホイールベース2980mm 乗車定員5名 販売台数は10台限定。BMWレーザーライトを特別装備する

 1985年に市場デビューを果たしたBMW M5は、ハイクラスのビジネスタイプセダンの快適性と機能性に最新スポーツカーの性能を組み入れ、自動車市場に「高性能リムジン」という新しいセグメントを創出したエポックメイキング車だ。2018年には現行の第6世代モデルを発表し、2019年にはよりサーキット志向を際立たせた新型M5コンペティションを設定するなど、卓越した走行性能を追求する哲学を継承しつつ、ラグジュアリー・スポーツセダンとしてのポテンシャルを高めながら弛まぬ進化を続けてきた。

 今回の特別限定モデルは、625ps/750N・mの強力なパワー&トルクを誇る4394cc・V型8気筒DOHC(Mツインパワーターボ)エンジンを搭載し、伝統あるM5が培ってきた技術力を余すことなく採用した新型M5コンペティションをベースとする。

BMW M5 35 Jahre Edition2.jpg▲ボディカラーにはシルクのような滑らかさを備えたマットな色味で、上質かつ力強い存在感を放つ限定色のフローズン・ダーク・シルバーを採用

 ボディカラーは、シルクのような滑らかさを備えたマットな色味で、上質かつ力強い存在感を放つ限定色のフローズン・ダーク・シルバーで彩る。さらに、70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを特別装備。夜間走行での安全性をより向上させた。

BMW M5 35 Jahre Edition3.jpg▲ブラックの内装カラーにゴールドのアクセントを加えることで、高級感とスポーティさが融合する独特のキャビン空間を創出した。日本導入モデルのハンドル位置は右

 内装に関しては、ブラック・フルレザー・メリノ・シートを装備し、かつ限定デザインとなるベージュ・コントラスト・ステッチを取り入れたことが訴求点だ。また、インテリアトリムにはより耐久性の高いアルマイト加工を施し、同時に淡いゴールドのアルミトリムを採用。重厚感のあるブラックの内装カラーに、上品なゴールドのアクセントが加わることで、他車にはない高級感とスポーティさが融合されたキャビン空間を実現している。さらに、「35 Jahre」と刻んだドアシルや「M5 Edition 35 Jahre 1/350」の文字が浮かび上がるカップホルダーカバーなどにより、スペシャルな限定モデルであることをさりげなく強調した。

BMW M5 35 Jahre Edition4.jpg▲ベージュ・コントラスト・ステッチを配したブラック・フルレザー・メリノ・シートを装備する

 パワートレインに関しては基本的にベース車と共通で、前述の高性能V8エンジンにドライブロジック付8速Mステップトロニックのトランスミッション、Mモデル専用4輪駆動システムM xDriveを採用する。日本に導入されるモデルのハンドル位置は右のみの設定だ。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報