ー 

タフ&ワイルド。全地球対応ラングラー・ルビコンがカッコいい!

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

ジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 試乗記

IMG_2287.JPGジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 価格:8SAT 588万6000円 ルビコンはオフロード性能を高めたスペシャルグレード ヘビーデューティなロックトラックフルタイム4×4システム搭載 走破性は全地球対応

ネーミングはオフロードの聖地「ルビコントレイル」に由来

 新型ジープ・ラングラーに、オフロード性能をいっそう高めたスペシャルグレード、ルビコンが登場した。ルビコンのネーミングは、カリフォルニア州シエラネバダ山脈にある全長約35kmの険しい山道、ルビコントレイルに由来する。むき出しの岩盤、急勾配、川渡りなど、難所が待ち受ける、いわばオフロードの聖地。ニュルブルクリンクを走り込んだスポーツカーが一級品であるように、ルビコントレイルで鍛え上げられたオフローダーは本物だ。ジープはここで悪路走破試験を行っている。

 新設定のルビコンは、ルビコントレイルをオリジナル状態のまま走りきれるよう仕上げたタフネスモデル。駆動システムは、ロックトラックフルタイム4×4と呼ぶヘビーデューティ仕様。悪路走行時に強い駆動力を発揮するよう副変速機のローレンジのギア比を低くし、前後デフにはロック機構を組み込む。前後アクスルは堅牢なDana社製(Dana44)を装着。フロントスタビライザーの解除機能も標準になる。

 パワートレーンは3.6リッターのV6DOHC24V(284ps/347Nm)と8速ATの組み合わせ。V6ユニットの選択は、「低回転域からリニアにパワーを発揮する特性が、オフロード向き」と評価された結果だという。

IMG_2313.JPG全長×全幅×全高4870×1895×1850mm 車重2050kg ボディ色は全6種 フェンダーとルーフ回りはブラック仕上げ

本物は優しい。日常走行でも満足感が高いスーパーSUV

 エクステリアはワイルドそのもの。255/75R17サイズのマッドテレインタイヤを装着し、サイドステップは悪路走行時に車体を守るロックレールに変更。ボディは全長×全幅×全高4870×1895×1850mmと、サイズは大きい。

 スパルタンな走行フィーリングを予想して乗り込んだが、ルビコンは意外なほどフレンドリーだった。本革シートの座り心地は優しく、ナビをはじめ快適アイテムはフル装備。インパネはカジュアルな雰囲気の専用レッド仕上げ。

 オンロードでも走りは力強い。3.6リッターのV6は、マルチシリンダーならではの滑らかさとリニアな反応が魅力。その一方で、アクセルを深く踏み込むと、豪快なダッシュを示す。

 抜群のオフロード性能を持つサスペンションはしなやか。良好な乗り心地を提供する。マッドテレインタイヤなので、パターンノイズは耳につく。ステアリングの反応もマイルドだが、気になったのは乗りはじめだけ。すぐに慣れた。

 今回は、本格オフロードで試乗していない。しかし、クルマ全体から伝わる独自の剛性感、道路状況を問わない安定した走りは好印象だった。ルビコンは、都会で乗っても満足感が高いスーパーSUVである。

IMG_2406.JPGインパネは機能的 レッドカラーパネル専用装備 マッドテレインタイヤの影響でステアリングの反応はマイルド

IMG_2450.JPG本革シートのサポート性と座り心地は良好 前席ヒーター機能付き

IMG_2443.JPGトランスミッションは8速AT ルビコンの副変速機はローレンジのギア比が低い

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報