ー 

メルセデスAMGの刺激的な新型ホットハッチモデルが日本デビュー!

Writer:大貫直次郎 

新しい「メルセデスAMG 35シリーズ」の初陣を飾る「A35・4マチック」が日本での受注を開始

 メルセデス・ベンツ日本は8月27日、メルセデスAMGの新しいホットハッチモデル「A35・4マチック」を発表し、同日より予約受注を開始した。車種展開はA35・4マチック(628万円)と発表記念特別仕様車のA35・4マチック・エディション1(743万円)の2タイプで構成。ユーザーへの納車は本年10月以降を予定する。

a35 4maticedition1.jpg▲メルセデスAMG・A35・4マチック・エディション1 価格:7SMTC743万円 全長4436×全幅1797×全高1405mm ホイールベース2729mm 乗車定員5名 販売台数は600台限定。パワートレインにはM260型1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(306ps)と専用セッティングのAMGスピードシフトDCT7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載する

 A35・4マチックは、新しい「メルセデスAMG 35シリーズ」の端緒を開くホットハッチモデルだ。AMG 35シリーズは、Aクラスなどの前輪駆動アーキテクチャーモデルに高出力なエンジン、有効なトラクションを確保する4輪駆動システム、高い剛性とアジリティのためのシャシー補強やサスペンションのセッティングなど高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことがないように開発したメルセデスAMGの新モデルシリーズである。従来の「メルセデスAMG 45シリーズ」より安めの価格設定とし、ユーザーの裾野拡大を狙ったことも特徴だ。

 A35・4マチックは、まずパワートレインに最高出力306ps/5800rpm、最大トルク400N・m/3000~4000rpmを発生するM260型1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジンと専用セッティングのAMGスピードシフトDCT7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載する。エグゾーストシステムには自動制御のフラップを装備し、選択したドライブモードに応じて、バランスの取れた音色からドライバーの感性を刺激するモータースポーツ譲りの排気サウンドまでを切り替えられるようにチューニングした。また、駆動機構にはパフォーマンス志向のトルク可変配分4輪駆動システムのAMG 4マチックを採用。ESPがONの場合は4マチックシステムが「コンフォート」モードに固定され、ボタンを押して「ESP SPORT Handling」または「ESP OFF」を選択すると、すぐに4マチックシステムが「スポーツ」モードにチェンジする仕組みだ。

a35 4maticedition2.jpg▲エディション1は専用デカール(マットテックゴールド)やマットテックゴールドアクセント(ドアミラー)、19インチAMGマルチスポークアルミホイール(ハイシーン/マットテックゴールド)などを特別装備する

 センターコンソールに設けたAMG DYNAMIC SELECTで選択するドライブモードについては、快適かつ低燃費の走りに適した「コンフォート」、スポーティなエンジンおよびトランスミッション設定によりアジリティとファントゥドライブを強調した「スポーツ」およびシフトダウン時のブリッピング機能などを加えた「スポーツプラス」、滑りやすい路面を安全に走れるようにパワーを落とし、トルクカーブをフラットに保つ「スリッパー」、個々の項目の設定を任意に選択して組み合わせ、かつ保存できる「インディビジュアル」という5つのモードを設定する。また、各ドライブモードではエンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能なほか、各モードで自動選択される「ベーシック」と「アドバンスト」の2つの「AMG DYNAMICS」モードを設け、ESPの制御を効果的に変化させる仕様とした。

 シャシーについては、フロントセクションのねじり剛性を強化する目的でアルミニウムのプレートをエンジン下部に、2本のブレースをアンダーボディ前部に追加したことがトピック。前マクファーソンストラット/後マルチリンクのサスペンションも強化タイプに刷新する。さらに、3つのモードの選択が可能な「AMG RIDE CONTROLサスペンション」をオプションで用意した。

 制動機構にはフロントに新型モノブロック対向4ピストンキャリパーとΦ350mmディスク、リアに1ピストンフローティングキャリパーとΦ330mmディスクを組み込んだ強化タイプの4輪ベンチレーテッドディスクブレーキを採用する。ディスク自体はドリルドベンチレーテッドタイプで、シルバーペイント仕上げのブレーキキャリパーにはブラックのAMGロゴを配した。

a35 1.jpg▲メルセデスAMGA354マチック 価格:7SMTC628万円 コンフォート/スポーツ/スポーツプラス/スリッパー/インディビジュアルという5つのドライブモードを設定。センターコンソールに配したAMG DYNAMIC SELECTで最適な制御を選択できる

 エクステリアについては、メルセデスAMGモデルならではの高いパフォーマンスを感じさせる要素を随所に取り入れる。フロント部にはメルセデスAMG特有のツインブレードを備えたフロントグリルを採用し、シンプルなスポーティさを演出。また、専用のシルバークロームのフロントスプリッターや左右エアインテーク部にはシルバークロームの水平フィンを2本ずつあしらい、その外側にはフリックを組み込んで存在感を強調した。一方でリアセクションでは、専用デザインの大型リアディフューザーやクローム仕上げの円形デュアルエグゾーストエンド、空力特性を高めるルーフスポイラーなどをセット。スポーティかつハイパフォーマンスを体現するダイナミックな後ろ姿とした。

 インテリアに関しても、高いパフォーマンスを感じさせる要素を精力的に導入する。コクピットディスプレイは「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用の表示スタイルから選択可能。オプションのAMGパフォーマンスパッケージを選ぶと、フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAのAMGパフォーマンスステアリングが組み込まれる。フロントシートにはヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプを装備。AMGパフォーマンスパッケージを選択した場合は、メルセデスAMGのトップモデルに採用するAMGパフォーマンスシートが装着される。また、サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能なAMGトラックペースも設定した。

a35 edition interior1.jpg▲高いパフォーマンスを感じさせる要素を精力的に取り入れたインテリアデザイン。コクピットディスプレイは「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用の表示スタイルから選択可能。日本仕様のハンドル位置は右

 最後に、発表記念特別仕様車のA35・4マチック・エディション1の概要を紹介しよう。特別装備の内容は多彩だ。エクステリアではEdition 1専用デカール(マットテックゴールド)やマットテックゴールドアクセント(ドアミラー)、19インチAMGマルチスポークアルミホイール(ハイシーン/マットテックゴールド)、マットテックゴールドハブキャップ、AMGナイトパッケージ(ハイグロスブラックのフロントスプリッター/フロントバンパー/エアインテークルーバー/サイドスカート/ウィンドウライントリム/ドアミラー/エグゾーストエンド)、エアロダイナミックパッケージ(Edition 1専用フロントバンパーデザイン/ハイグロスブラックリアウイング/ハイグロスブラックリアエプロン/ハイグロスブラックリアディフューザー)を採用。インテリアではマグマグレー/ブラックツートンレザーDINAMICA・AMGパフォーマンスシート(インディゴブルー/ミッドグレーステッチ入)、AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー、EDITIONエンブレム付)、AMGドライブコントロールスイッチ、Edition 1専用インテリアトリム(アルミニウムシルバー/ブラック)を設定する。さらに、機能装備として360°カメラシステムやヘッドアップディスプレイ、エナジャイジングパッケージプラス、AMG RIDE CONTROLサスペンション、前席マルチコントロールシートバック&リラクゼーション機能を、オーディオ/ビジュアル&コミュニケーションとしてナビゲーションやMercedes me connect:ナビゲーションサービス、Mercedes me connect:USBオンデマンド地図更新・オンライン地図更新、ETC2.0対応車載器(VICS3メディア対応)、テレビ機能(12セグ/ワンセグ自動切替)、トラフィックサインアシスト、アドバンスドサウンドシステムなどを組み込んだ。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年12月号

  • 46th東京モーターショー徹底ガイド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る