ー 

速くて静粛。320dを新型3シリーズのベストと考えるワケ

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

BMW320d・xドライブMスポーツ 試乗記

IMG_1485.JPGBMW320d・xドライブMスポーツ 価格:8SAT 629万円 新型320dは標準仕様(578万円)とMスポーツの2グレード構成 駆動方式は全車4WD(xドライブ) Mスポーツは専用スポーツサス/Mエアロパッケージ/18インチタイヤ標準

ラインアップ充実。待望のディーゼル新登場

 およそ7年ぶりにフルチェンジした新型BMW3シリーズのラインアップが充実中だ。新型は2019年3月、2リッターのターボ付き4気筒ガソリンを搭載した後輪駆動モデル(320i&330i)から販売をスタート。5月末には、待望の2リッター・ディーゼル+ 4WD仕様(320d・xドライブ)、さらに2リッターガソリンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(330e)と3リッターの6気筒ターボ付きガソリン(M340i・xドライブ)を追加した。秋にはワゴンボディのツーリングの登場が控えている。

 今回の試乗車、320d・xドライブは、標準仕様とMスポーツの2グレード構成。日本仕様は、xドライブのサブネームからもわかるように、駆動方式は4WD。現在のところコンベンショナルな後輪駆動は未設定だ。

 パワーユニットは、BMWが「次世代の4気筒ディーゼル」とうたう新開発エンジン。このタイミングでデビューしただけに、実走行による新たなテストモード(RDE)をはじめ、最新の排出ガス規制に対応したクリーンディーゼルである。

 2リッターの排気量が生み出す190psの最高出力と400Nmの最大トルクは、旧型の320dと同値。従来型のシングルターボ式に対して、新型は、新たにプライマリー側に可変ジオメトリー式の2ステージ・ツインターボシステムを採用する。にもかかわらず、出力データが向上していないのは、「厳しさを増した排出ガス処理による影響」と受け取れる。

IMG_1421.JPG外観上ディーゼルを示すのはエンブレムのみ 新型は全長×全幅×全高4715×1825×1430mm 旧型と比較して全長は70mm拡大 全幅は25mmワイド

気持ちのいいパワーの伸び。前後重量配分50対50

 新しい心臓に火を入れ、スタート。まず感心したのは優れた静粛性だった。旧型は、日常シーンで「やかましい」と感じるほどではないが、ガソリンエンジンとの音質の違いは明らかだった。常用域からは外れるが、3500rpm付近から上は「ややノイジー」と思えた。対して新型は車内でも車外でも、明らかに静粛性が高まった。アイドリングストップからの再始動も滑らかだ。

 パワーは十分。1500rpm付近からのトルクの盛り上がり感が顕著で、わずかなアクセル踏み込みに対して背中をグンと押される感覚は、最新の出来のいいディーゼルエンジンならでは、だ。エンジン回転の上昇に伴うパワーの伸び感も気持ちいい。新型ディーゼルは、4500rpmオーバーまで頭打ち感を示さない。「さすがはツインターボの威力」と実感した。タコメーター上に引かれたレッドラインが5400rpmと高かった旧型は、4000rpm付近から頭打ち感が明確だった。なお、新型のレッドラインは5000rpmと、旧型より低く設定されている

 車重は1680kg。旧型320d比で100kg以上のプラスとなった。これは、「走行中にセンサーがつねに路面状況を検知し、電子制御で前後トルク配分を最適化する」4WDシステムの影響が大きい。ヘビー級ながら、前後車軸にかかる荷重は840kgずつ。BMWがこだわり続ける前後50対50の重量配分を達成している。

 320d・xドライブのパフォーマンスはのびやかで力強い。スポーティサルーンとして過不足のない加速が楽しめた。とはいえ、欧州市場用には設定されている軽量な後輪駆動仕様で、より強力で身軽な動力性能を味わいたいと思った。今後、後輪駆動モデルの日本発売に期待する。

IMG_1429.JPGxドライブは走行中にセンサーが路面状況を検知 速度やステアリング操作に応じて自動的に前後トルクを配分調整 前後重量配分は50対50 車重は旧型320d(FR)比130kg増

強靭なボディ。乗り心地はややハード

 満足度の高い動力性能に比べ、やや違和感を覚えたのはフットワークだった。試乗車はMスポーツ・グレード。標準仕様よりもハードなMスポーツサスペンションを採用している。だが、この点を考慮しても、路面の変化に対して乗り味の変わり幅は大きい。とくに、荒れた路面では、内臓が揺すられるような振動モードに襲われた。これには閉口した。乗り心地は相当にハードだ。タイヤは18インチのランフラット仕様。率直なところ、19インチタイヤを装着した旧型(後輪駆動仕様)のほうがランフラットを履きこなしている印象が強かった。

 320dはボディ剛性が非常に高く、ステアリング操舵感ががっちりとしていることもあり、ドライバーはまるでリアルスポーツをドライブしているかのような高揚感を得る。確かに固いが、乗り心地はぎりぎり容認できる。だが、助手席に座るパッセンジャーからは「固すぎて不快」と苦情が出た。

 路面によって乗り味が大きく変化する傾向は、330i・Mスポーツでも感じた。「普通のタイヤ」を履いた、Mスポーツ以外の仕様にも試乗してみたい。

IMG_1670.JPGインパネは先進イメージ 12.3インチフル液晶メーターと10.25インチセンターディスプレイを装備 スポーツステアリングのグリップ部は太くがっちりとした印象

IMG_1652.JPGMスポーツは前席電動調整機能付きスポーツシート標準 写真の本革はセットop

IMG_1627.JPGフル液晶メーターはセンターディスプレイとの連携で中央に各種情報を表示 速度計と回転計は対称デザイン

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報