• TOP
  • 「令和時代のドライビングカー」巷でマルチユースなメルセデスと評判の、Bクラスが凄い理由

 ー 

「令和時代のドライビングカー」巷でマルチユースなメルセデスと評判の、Bクラスが凄い理由

Writer:桂伸一 Photo:小久保昭彦

メルセデス・ベンツB180 試乗記

IMG_3711.JPGメルセデス・ベンツB180 価格:7SMTC 384万円 BクラスはAクラス・ベースのスペースフルモデル ラインアップは1.3リッターターボ(136ps)の180と2リッターディーゼル(150ps)を積む200d(422万円)を設定 駆動方式は全車FF

幅広いライフシーンに対応。スタイリングはボクシー

 新型Bクラスが上陸した。Aクラスと同じ基本シャシーを持つ3rd・Bクラスは、日本にジャストサイズの新感覚ファミリー「セダン」だと思う。

 セダンという言葉には、違和感を覚えるかもしれない。Bクラスはスペーシアスな5ドアHBだからだ。しかしセダンを、カジュアルからフォーマルまで、幅広いライフシーンに寄り添うクルマと定義した場合、まさにぴったりの存在である。ボディサイズは全長×全幅×全高44255×1795×1565mm。 Aクラス(同4420× 1800×1420mm)と比較して145mm高めた全高が、豊かな居住空間と広い荷室、そしてメルセデス独特の落ち着きを生んでいる。ボクシーなセダン以上に使い勝手に優れたセダンだといえる。

 試乗車はB180のAMGライン装着車。パワートレーンはガソリン4気筒1.3リッターターボ+7G-DCT。パフォーマンスは力強い。エンジンは6300rpmまで快活に回り、ドライバーの意思にそうようDCTは頻繁に変速を繰り返す。加速は鋭く、実用域のパワーはなかなかのレベル。走りの満足度はかなり高い。

 気になったのはDCTの作動フィール。市街地の発進や停止時の制御にギクシャク感がある。ファミリーセダンとしてはいっそうのリファインを期待する。走りの余裕という意味では、10月以降に納車が始まるB200d、つまり2リッターディーゼル(150ps/320Nm)のトルク特性のほうがベターだろう。

IMG_3724.JPG写真はAMGライン(op25万5000円)装着車 全高は標準車比15mm低い 225/45R18タイヤ+専用アルミ装着 足回りはスポーツ仕様

高速時の操縦性と安定感はハイレベル。インフォテイメント充実

 AMGラインはスポーツコンフォートサスペンションとダイレクトステアリング、18インチタイヤが標準。高速走行時の正確な操縦性と安定性はハイレベルだ。とくにリアが微動だにしない直進安定性と、ステアリング操作でコーナーを自在にトレースできるキャラクターはAMGの名にふさわしい。

 低速走行時のタイヤと路面の滑らかな接地とたわみ感は、引き締まった中に柔軟性があって快適。意外なのは 60km/h以上の乗り味が、ランフラットタイヤを想像させる固さとして伝わる点。波状路では突き上げを感じた。

 対話型インフォテインメントシステムMBUXは標準装備。「ハイ、メルセデス!」と呼ぶと起動し、ナビの目的地設定、スマートフォンでの通話、音楽の選曲、エアコンの設定などが音声だけでできる。

 なお、後席には多彩なアレンジ性がほしいと感じた。新型Bクラスの後席は広々としているが、スライドやリクライニング機構は未装備だ。この点はちょっぴり残念である。

IMG_3851.JPGインパネはメーターとセンターディスプレイが連続したツインモニター仕様 視界はワイド 作りは上質

IMG_3917.JPG頭上も足元空間も余裕たっぷり 写真の本革シートはop(20万4000円)

MBUX_01.JPG対話型インフォテインメント機能MBUX標準 「ハイ メルセデス!」と呼ぶと起動

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報