ー 

フェラーリ工場製V8を積むマセラティ・レヴァンテのホットな走り

Writer:岡崎五朗 Photo:MASERATI

マセラティ・レヴァンテ・トロフェオ 試乗記

Maserati_Levante_Trofeo_Static_Piazza_Roma_Modena (1).jpgマセラティ・レヴァンテ・トロフェオ 価格:8SAT 1990万円 V8シリーズはレヴェンテのスポーツフラッグシップ トロフェオ(最高速度304km/h)とGTS(同292km/h)をラインアップ 駆動方式は4WD 通常時の駆動力配分は0対100

V8エンジンは深紅のヘッドカバー。まさにスペシャルモデル

 2016年に登場したレヴァンテは、100年以上の歴史を持つマセラティが放つ初のSUVだ。フロントグリル中央のトライデントを見るまでもなく、エクステリアはマセラティの世界観を濃密に反映している。中でも最大のトピックとなる点が、コンパクトなキャビンと豊かなフェンダーのコンビネーションだろう。車高の高いSUVでありながらドッシリとした安定感を持つフォルムは、優れた走行性能を主張する。

 実際、レヴァンテの走りはとても優秀だ。 2トンを超えるウエイトを持ちながら、フットワークはあくまで軽快。2種類のチューニング持つ3リッター・V6ガソリンターボはもちろん、3リッター・V6ディーゼルもなかなかのエンターテイナーだった。とはいえ、やはりマセラティである。「普通に高性能なV6エンジン」ではちょっと物足りないな、という思いがあったのも否定できない。

 新登場のトロフェオとGTSは、レヴァンテに残された最後のピースを埋める存在だ。マセラティのV8といえば知る人ぞ知るエピソードが、フェラーリとの深いつながり。トロフェオ/GTSのV8ツインターボもフェラーリのマラネロ工場で生産されている。正確には「マセラティとフェラーリが共同開発し、マセラティがフェラーリに生産委託しているエンジン」となるが、深紅のヘッドカバー(GTSは黒)を眺めれば、もはやフェラーリ製エンジンといいたくなる。

Maserati_Levante_Trofeo_Static_Piazza_Roma_Modena (25).jpgスタイリングは優雅な印象 全長×全幅×全高5020×1985×1700mm 車重2340kg パワーウエイトレシオ:3.97kg/ps

圧倒的な刺激性。攻めるほどアドレナリンがわき出す

 乗ってみても、やはり普通のエンジンとはひと味もふた味も違う。ラグジュアリーなSUVという性格上、キャビンに入ってくる音量は若干控えめだが、高周波成分を多く含む乾いたサウンドはまさにフェラーリ流の音作り。回せば回すほどサウンドのピッチは高まり、痛快な加速とともにアドレナリンがわき出てくる。

 最高出力はトロフェオが590ps、GTSは550ps。どちらも十二分に速く、刺激的だが、トロフェオだけに与えられたコルサモードを選択すると、エンジン、8速AT、エアサス、4WD、排気音など各種設定がはっきりとスポーツ側に切り替わり、いっそう強い刺激をもたらす。それでいて乗り心地は決して悪くない。トロフェオでも以前乗ったV6系より足はしなやかで、ピッチングの少ないフラットなライドフィールは素晴らしく快適。ステアリングの正確性とボディの剛性感も高まっており、クルマ全体がひとつの塊であるかのような強いソリッド感を味わえる。価格は張るが、圧倒的な刺激性という持ち味を考えれば納得できる。すべてにスーパーなSUVである。

Maserati Levante Studio (9).jpg3798cc・V8DOHC32Vツインターボ 590ps/6250rpm  734Nm/2500rpm フェラーリのマラネロ工場で生産

Maserati_Levante_Trofeo_Interior (22).jpg室内は本革とカーボンで構成 中央には8.4インチタッチスクリーンを装備 ボディはソリッドな印象 ハンドリングは正確 スポーツ走行時は刺激的なサウンドがキャビンを満たす

Maserati_Levante_Trofeo_Interior (19).jpg速度計は350km/hスケール レッドゾーンは7000rpm以上 中央に各種情報表示

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報