• TOP
  • 「最新Kカー特集」脱Kカー宣言。オールニュー・デイズのライバルを凌ぐ完成度

 ー 

「最新Kカー特集」脱Kカー宣言。オールニュー・デイズのライバルを凌ぐ完成度

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

日産デイズ・ハイウェイスターGターボ・プロパイロットエディション(FF) 試乗記

IMG_4081.JPG日産デイズ・ハイウェイスターGターボ・プロパイロットエディション(FF)価格:CVT 164万7000円 写真の2トーン塗装はop(6万4800円) 直3ターボ(64ps/100Nm)+モーター(2.7ps/40Nm)搭載 WLTCモード燃費:19.2km/リッター

小型車感覚の落ち着き。走りのびやか

 新型デイズは、内外装はもちろんプラットホームからエンジンまで、すべてを一新。開発は日産が主導した。ラインアップは標準とハイウェイスターの2シリーズ構成。ハイウェイスターは、小型モーター(2.7ps/40Nm)とリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様になる。

 ボディカラーは多彩。ハイウェイスターは、ボディとルーフの色が異なる2トーンを含め、計11種から選べる。インテリアは後席ニールームを旧型比70mm拡大した広々仕様。室内長は2065mm。

 インパネは質感の高い水平基調デザイン。中央部に9インチナビ(オプション)用スペースが設定されている。シートはクッションが厚い快適設計。前席はパッセンジャーの胸郭と骨盤をしっかりサポートする高機能タイプ。後席は一体スライドとリクライニング機構を装備する。

 トランクの奥行きは従来比135mm延長。深さ20cm(容量54リッター/FF)のサブトランク付きだ。

 安全装備は衝突被害軽減ブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、オートマチックハイビーム、車線逸脱警報を全車に装備。プロパイロットエディションは全車速対応のアダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能が標準。事故などの緊急時に、自動的にオペレーターに通報するSOSコールをオプションで設定する。

 走りはのびやか。64ps/100Nmを発揮するターボは、実用域のトルクを重視したチューニング。ステップ式ATのようなシフト制御を採用した新CVTと組み合わせて、気持ちのいい加速を披露する。静粛性もハイレベルだ。走りは小型車感覚。落ち着きが感じられる。

IMG_4095.JPG全車速対応アダプティブクルーズコントロールをはじめ安全機能充実

IMG_4022.JPG室内は上質 写真はプレミアムコンビネーションインテリア(op3万2400円) opナビは9インチ大画面

IMG_4054.JPGシートはクッションが厚い快適設計 後席ニースペースは旧型比70mm拡大 室内長2065mm

表組みオンリー001.png主要安全・運転支援システム一覧(ライバル車比較) ※クリックすると拡大します

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年12月号

  • 46th東京モーターショー徹底ガイド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る