• TOP
  • 「最新Kカー特集」強い押し出し。ワイルドマスクのeKクロスがマニアに受ける理由

 ー 

「最新Kカー特集」強い押し出し。ワイルドマスクのeKクロスがマニアに受ける理由

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

三菱eKクロス・T(FF) 試乗記

IMG_9107.JPG三菱eKクロスT(FF) 価格:CVT 163万6200円 フロントマスクはデリカD:5と同一イメージ 写真の2トーン塗装はop(8万1000円) 直3ターボ(64ps/100Nm)+モーター(2.7ps/40Nm)搭載 WLTCモード燃費:19.2km/リッター

明快な個性としっかりとした作り。マイルドハイブリッド仕様

 eKクロスは、日産デイズの兄弟車。メカニズムと内装は基本的に共通。違いはスタイリング。新型デリカD:5と同イメージのダイナミックシールドグリルを採用。横長形状コンビネーションランプと縦型LEDヘッドライト、プロテクターをイメージしたバンパーが、SUVイメージを発散する。

 ボディカラーは、オレンジとシルバーの2種のルーフカラーが選べる2トーン仕様を含め全11タイプ。デイズには未設定のルーフレールがオプションで選べる。

 室内は、各部がブルー基調の標準仕様と、明るいクリーム系で仕上げたプレミアムインテリアを設定。シートは座り心地がソフトな快適仕様。一体スライドとリクライニング機構付きの後席は、足が組めるほど広い。

 安全装備はうっかりミスを防ぐアイテムが充実。衝突被害軽減ブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、オートマチックハイビーム、車線逸脱警報を標準装備。アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能は、先進快適パッケージの名称でオプション設定。移動物検知機能付きアラウンドビューモニターやカメラ映像を映し出すデジタルルームミラーも、オプションで装着できる。

 パワートレーンは2.7ps/40Nmのモーターを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様。エンジンは新開発。自然吸気(52ps/60Nm)でもパワーに不足はないが、ターボ(64ps/100Nm)は余裕たっぷり。坂道や高速道路でも意のままの走りが楽しめる。

 走行安定性は高水準。雪道などで片輪が空転した場合、スリップした車輪のブレーキを制御して走破性を高める機能を、標準で装備する。

IMG_9099.JPG全車速対応アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能はop(7万200円)

IMG_8988.JPGインパネは水平基調 写真はプレミアムインテリアパッケージ(op5万4000円) フルオートACの操作部はタッチパネル式

IMG_9073.JPGシートの座り心地は良好 後席は一体スライド&リクライニング機構付き 足元空間は広い 室内長2065mm

表組みオンリー001.png

主要安全・運転支援システム一覧(ライバル車比較) ※クリックすると拡大します

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報