• TOP
  • 「ガンバレNISSAN!!」すべてが最高!2020年モデルのGT-Rニスモを「最終進化版」と考えるこれだけの理由

 ー 

「ガンバレNISSAN!!」すべてが最高!2020年モデルのGT-Rニスモを「最終進化版」と考えるこれだけの理由

Writer:山本シンヤ Photo:NISSAN

日産GT-Rニスモ 試乗記

メイン.jpg日産GTーRニスモ 価格:6SMT 2420万円 各部が大幅に改良された2020年モデルは2019年10月8日発売 外観はフロントフェンダーのエアアウトレットが特徴 パフォーマンスは圧倒的

フルモデルチェンジ級の改良でポテンシャル大幅アップ!

 GT-Rの最強版となる2020年モデルのニスモに試乗した。試乗の舞台はドイツのベルリン。ニスモの2020年モデルは、フルモデルチェンジ級の改良が施されている。エンジンは、いっそうリニアでレスポンシブな特性を目指し新型ターボを採用。それに合わせてエンジンと6速DCTの制御が見直された。エンジンスペック(600ps/652Nm)は従来モデルと同じだが、内容は大幅に異なる。

 シャシーもレベルアップした。グリップ力と接地面積がアップした新タイヤ、軽量高剛性のアルミホイール、強力な制動力を生むカーボンセラミックブレーキを装備。サスペンション設定も見直された。外装はルーフ、ボンネット、フロントフェンダーを軽量カーボン製で統一。室内は全面刷新したレカロ製シートを装着する。

 大きな期待を抱いて走りだす。サーキットスペックにもかかわらず、一般道での乗り心地のよさにびっくり。短いストローク中での軽やかな足さばきとしなやかさは見事。初期型の標準車よりもすべてが優しい。アウトバーンでもその印象は変わらない。直進安定性と微舵の正確性、そして空力デバイスのアシストで、250km/h以上でもステアリングに軽く手を添えているだけでOKだった。

MY20 GT-R NISMO Germany_9-source.jpgルーフ/ボンネット/フロントフェンダーは軽量カーボン製 車両重心点から遠い部分を従来比10.5kg軽量化してコーナリング能力が向上 リアスポイラーは大型ウイング形状

レスポンスは従来比20%向上! スーパーパフォーマンスを体感

 サーキットはニスモの主戦場。驚いたのは、車両重量が1.7トンを超えるにもかかわらず、ひとまわり軽量でコンパクトなクルマのような身のこなしを披露したこと。ステアリングを切れば素直にノーズがインに入る。アンダーステアの量は確実に少なく、S字のような切り返しでもボディがグラッと動く心配はない。

 カーボンセラミックブレーキも最高だった。絶対的な制動Gや優れたコントロール性をはじめ、何周走ってもまったく変化のないタッチとフィーリングにほれぼれした。

 エンジンはアクセル操作に対する応答性、滑らかなトルクの立ち上がり、そしてトップエンドまで一気に吹き上がる鋭いレスポンスを実感。「約20%レスポンスを向上させた」というメーカーの説明に納得した。6速DCTはRモードのシフト制御を改良。Dレンジのままでサーキットでも最適なギアをセレクトしてくれる。マニュアルで操作するより速く走れる。

 新型はスピードのレベルアップだけでなく、その性能を誰でも楽に安心して引き出せるモデルに発展した。GT-Rのコンセプトは「究極のドライビングプレジャーの追求」。ニスモはその頂点にある。進化・熟成を続けてきたGT-Rの「ファイナルアンサー」といってもいい。

MY20 GT-R NISMO Germany_56-source.jpgニスモのインパネとステアリングホイールはアルカンターラ仕上げ ナビやフルオートACなど快適アイテムは標準モデルと共通 サーキット走行をイメージしたスペシャルモデルながらスパルタンなイメージはない

MY20 GT-R NISMO Germany_58-source.jpgレカロ製シートはカーボンシェルにコアフレーム構造を追加したニュータイプ 軽量化と高剛性を実現

MY20 GT-R NISMO Germany_15-source.jpgニスモのエンジンは標準車比30ps/15Nmパワフル パワーウエイトレシオは2.84kg/ps 操縦性は軽快な味わい

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報