ー 

プジョーの1ブランドでのモーターショーが東京・六本木ヒルズで催される

Writer:大貫直次郎 

プジョー独自のブランド体感イベント「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」が開催

 プジョー・シトロエン・ジャポンは102日、独自のプジョー・ブランド体感イベント「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」を六本木ヒルズ(東京・港区)の大屋根プラザおよびヒルズ カフェ/スペースにて、本年1019日~26日の8日間にわたって開催すると発表した。

new208.jpg▲プジョー・ブランド体感イベント「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」では日本初公開の3モデルを出展。写真は新型プジョー208。プジョーの新デザイン言語と新コンパクトプラットフォームCMPを採用し、最新のADAS(先進運転支援機能)と環境性能、走行性能を実現している

 「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」は、日本国内で好調な販売を記録しているプジョー・ブランドのさらなる浸透を狙いとした独自イベントとして催される。具体的には、「テクノロジーに支配されるのではなく、感動にあふれたクルマ創り」を実践するプジョー・ブランドの想いを込めた"UNBORING THE FUTURE"の新しいブランドビジョンとともに、ユーザーに電動化を含めたプジョーの現在と未来を体験してもらう場として、会場を設置した。

new e-208.jpg▲新型プジョーe-208 最大出力136hp、最大トルク340Nmのモーターと容量50kWhの駆動用バッテリーを搭載。1回の充電で最大340kmWLTP)/450kmNEDC)の走行が可能

 注目の展示車を見ていこう。まず、新ブランドメッセージの"UNBORING THE FUTURE"を具現化した新世代コンパクトカーの新型208および新型e-208を日本初公開する。今年3月開催のジュネーブ国際自動車ショーにてワールドプレミアを飾った新型208は、プジョーの新デザイン言語と新コンパクトプラットフォームCMPを採用し、最新のADAS(先進運転支援機能)と環境性能、走行性能を実現。インテリアには新世代UI/UXとなる3D i-Cockpitを導入している。一方、新型e-208はモーターの最大出力136hp、最大トルク340Nm、バッテリー容量50kWhで、1回の充電で最大340kmWLTP)/450kmNEDC)の走行が可能なフルEV(電気自動車)である。なお、新型208およびe-208の日本での発売は、2020年第3四半期の予定だ。

RIFTER.jpg▲新型プジョー・リフター(RIFTER) SUVテイストの独特のスタイルと走行性能、利便性あふれるスペース、高い実用性などを具現化した新コンセプトMPV

 次に、1018日にデビューエディションを日本で発表・発売する新世代MPV(マルチパーパスビークル)「リフター(RIFTER)」。30830085008などに採用して定評のあるプラットフォームEMP2をベースに、SUVテイストの独特のスタイルと走行性能、利便性あふれるスペース、高い実用性などを具現化したリフターは、アウトドアアクティビティからビジネスまで、さまざまなシーンにおける活躍が期待できるモデルだ。なお、本格的な日本導入は来年夏を予定している。

 今回のイベントでは、ほかにも好調なセールスを記録しているSUV5008、フラッグシップサルーン508といった現行車種を展示。また、会場周辺で308SW5083008の各モデルを試乗することも可能である。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報