ー 

ミニバン、SUV、ワゴンの融合形。プジョーの新世代MPVが特別仕様車として日本上陸!

Writer:大貫直次郎 

プジョーが新型マルチパーパスビークル「リフター」の特別仕様車「デビューエディション」を発表・発売

 プジョー・シトロエン・ジャポンは10月18日、プジョー・ブランドの新コンセプトMPV(マルチパーパスビークル)である「リフター(RIFTER)」の特別仕様車「デビューエディション(Debut Edition)」を発表し、10月19日9時よりオンライン予約注文の受付を開始するとアナウンスした。ボディカラーはディープブルー/メタリックコッパー/ビアンカホワイトの全3色展開で、車両価格は336万円に設定。デリバリーは2020年1月以降、順次開始する予定だ。

RIFTER Debut Editon1.jpg

▲プショー・リフター・デビューエディション(RIFTER Debut Edition) 価格:8SAT336万円 全長4403×全幅1848×全高1878mm ホイールベース2780mm 乗車定員5名 ボディカラーは写真のディープブルーのほか、メタリックコッパーとビアンカホワイトの全3色を設定する

 プジョー・リフターは2018年開催のジュネーブ・モーターショーで発表されたクロスオーバースタイルの新世代MPVで、日本には2020年の第3四半期に本格導入する予定。今回のリフター・デビューエディションは、その先行発売となるスペシャルモデルである。

 エクステリアに関しては、ミニバンとSUVとワゴンをクロスオーバーさせた、ほかにはない個性をもった"主張することを恐れない"スタイリングが特徴。308、3008、5008などに採用して定評のあるプラットフォームEMP2をベースに、ミニバン的なたっぷりとした全高(1878㎜)と両側スライドドア、SUV的な高い地上高に16インチホイールとそれを囲む樹脂製のホイールアーチおよび樹脂製のサイドプロテクター&バンパープロテクター、ワゴン的な長く伸びるルーフラインとユーティリティを、破綻なく、しかも巧みに融合させて独自のルックスを創出する。ディテールにも工夫を凝らし、中央にライオンを配した垂直形状の新世代プジョーグリルやヘッドライト中央を縦に走る一条のLEDデイタイムランニングライト、車体の一部として丁寧にデザインしたルーフバー、プジョーシグネチャーであるライオンの爪痕をモチーフとした3条のLEDラインのテールライトなどを組み込んだ。

RIFTER Debut Editon2.jpg▲ミニバン的なたっぷりとした全高と両側スライドドア、SUV的な高い地上高に16インチホイールとそれを囲む樹脂製のホイールアーチおよび樹脂製のサイドプロテクター&バンパープロテクター、ワゴン的な長く伸びるルーフラインとユーティリティを巧みに融合する

 インテリアについては、プジョーのコクピットにおけるUI/UXの革新、i-Cockpitを採用したことがトピック。視界とドライバーからのリーチを両立させた8インチのタッチパネルや美しいグラフィックを有するヘッドアップディスプレイ、ステアリングホイールの上から視認するクロームで縁取ったメーターとエレガントな赤い指針、そして上下2カ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールなどを装備した。

RIFTER Debut Editon3.jpg▲プジョー先進のi-Cockpitを採用。視界とドライバーからのリーチを両立させた8インチのタッチパネルや美しいグラフィックのヘッドアップディスプレイ、上下2カ所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールなどを装備する。日本導入モデルのハンドル位置は右

 高いユーティリティ性能を確保したことも見逃せない。リアドアは広い開口部を有する両側スライド式で、リアシートは6対4の分割可倒式。ラゲッジルームは5名乗り状態で奥行きは1m、後席格納時で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mの長尺物に対応する。容量自体は5名乗車時でトノカバー下597リットル、後席格納時で2126リットルとなり、現行プジョーで最大容積をもつ5008の1862リットルを大幅に上回る積載量を実現した。また、リアゲートにはガラス部分のみを個別で開閉できるリアオープニングガラスハッチを内蔵。フレキシブルラゲッジトレイの高さをミドルポジションにすることでラゲッジスペースを上下に分割し、ガラスハッチとリアゲートで荷物を完全にセパレートして使い分けることを可能とした。ルーフ部も要注目。プジョーの人気装備であるパノラミックルーフに収納スペースを融合させた、"マルチパノラミックルーフ"を新装備する。フロントルーフに収納トレイを配したほか、中央部にはBag in Roof(バッグインルーフ)として最大14リットルまでのバッグを収納できるスペースを用意。さらにリアシート頭上後方には、後席およびリアゲート側の両方からアクセスできる容量約60リットルのリアシーリングボックスを配置した。

RIFTER Debut Editon4.jpg▲荷室容量は5名乗車時でトノカバー下597リットル、後席格納時で2126リットルを確保。フレキシブルラゲッジトレイやリアシーリングボックスを装備する

 機能装備の拡充も訴求点だ。先進運転支援機能(ADAS)としては、アクティブクルーズコントロール(ストップ機能付き)やアクティブセーフティブレーキ、レーンキープアシスト、ブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、前後ソナー/ワイドバックアイカメラなどを装備。快適機能としては、Peugeotミラースクリーンやワイヤレススマートフォンチャージャーなどを設定した。

RIFTER Debut Editon5.jpg▲マルチパノラミックルーフを新装備。フロントルーフに収納トレイを配したほか、中央部にはBag in Roof(バッグインルーフ)として最大14リットルまでのバッグを収納できるスペースを設定した

 パワートレインは1498cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(130ps/300N・m)+ダイヤル式シフターEAT8(電子制御8速オートマチックトランスミッション)を搭載し、前輪を駆動。また駆動システムには、ノーマルモード/スノーモード/マッドモード/サンドモード/オフモードという5つのモードを備えるアドバンスドグリップコントロールを組み込んでいる。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年12月号

  • 46th東京モーターショー徹底ガイド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る