ー 

人気クロスオーバー車のC-HRがよりスタイリッシュに進化。6速MTも選べる!

Writer:大貫直次郎 

トヨタがクロスオーバーモデル「C-HR」のマイナーチェンジを実施。スポーツ志向の"GR SPORT"も新設定

 トヨタ自動車は1018日、人気クロスオーバーモデル「C-HR」のマイナーチェンジを行い、同日に発売した。

C-HR1.jpg

▲トヨタC-HRG 価格:THS2995000円 全長4385×全幅1795×全高1550mm ホイールベース2640mm 車重1440kg 乗車定員5名 フロントフェイスのエアインテークを左右に広げてワイドスタンスを強調するとともにフロントフォグランプをエアインテーク上部に配して新鮮味をアップさせた

車種展開は以下の通り。

S-T・2WD:6MT236万7000円/7CVT240万円
S-T・4WD:7CVT259万8000円
G-T・2WD:6MT263万2000円/7CVT266万5000円
G-T・4WD:7CVT286万3000円
S-T"GR SPORT"・2WD:6MT273万2000円
S:THS273万円
G:THS299万5000円
S"GR SPORT":THS309万5000円

 今回のマイナーチェンジは、内外装の仕様変更や新グレードの設定、そして機能装備の拡充など、非常に多岐に渡っている。まずエクステリアでは、フロントフェイスのエアインテークを左右に広げてワイドスタンスを強調するとともに、フロントフォグランプをエアインテーク上部に配して新鮮味をアップ。また、GG-TS"GR SPORT"S-T"GR SPORT"のヘッドランプは、上部に長く伸びるLEDクリアランスランプをデイライトとターンランプのダブルファンクションとし、さらにリアコンビネーションランプには右左折時に車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルターンランプを採用する。一方、SS-Tのヘッドランプにはパラボラ式LEDをセットした。外板色については、新規設定色のエモーショナルレッドⅡ、オレンジメタリックなど8色を含む全16色を設定(モノトーン8色、ツートン8色、"GR SPORT"は全11色)。内包するインテリアのカラーには、新規にオーキッドブラウンをGG-Tグレードに用意した。

C-HR3.jpg▲外板色については新規設定色のエモーショナルレッドⅡ、オレンジメタリックなど8色を含む全16色を設定(モノトーン8色、ツートン8色、"GR SPORT"は全11色)。写真はブラック×オレンジメタリック

C-HR2.jpgGG-Tグレードには新規にオーキッドブラウンのインテリアカラーを設定する

 グレード展開では、TOYOTA GAZOO Racingが手がけるスポーツカーシリーズ「GR」のなかで、気軽にスポーツドライブを楽しみたいというユーザーに向けた"GR SPORT"を、SS-Tに設定したことがトピック。主な専用装備としては、機構面でGR専用フロアセンターブレースや専用チューニングのシャシー(フロント/リアサスペンション:コイルスプリング&ショックアブソーバー&スタビライザー、電動パワーステアリング)を、外装で専用フロントデザイン(フロントバンパー/大開口アンダーグリル/アンダーガード/大型フォグランプベゼル)や専用エンブレム、225/45R19タイヤ+7.5J×19専用アルミホイール(切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付)を、内装で専用本革巻き小径3本スポークステアリング(シルバーステッチ+GRエンブレム+スポーク部:ダークメタリック塗装)やインストルメントパネル加飾&ドアインナーガーニッシュ(GR専用金属調ダークシルバー塗装)、専用スポーティシート(GRエンブレム付+シルバーダブルステッチ付)、アルミペダル、GRロゴ付専用スタートスイッチを採用する。外板色はエモーショナルレッドⅡを含むモノトーン6色、メタルストリームメタリック×ブラックマイカを含むツートン5色の全11色をラインアップ。内装色はGR専用ブラックで仕立てた。

C-HR GR SPORT1.jpg▲トヨタC-HRS-T"GR SPORT" 価格:6MT2732000円 全長4390×全幅1795×全高1550mm ホイールベース2640mm 車重1400kg 乗車定員5名 GR専用フロアセンターブレースや専用チューニングのシャシーなどを組み込んで走行性能を高める。8NR-FTSエンジンにはインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)の6MTを新設定した

 セーフティ機構としては、駐車時など静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ[静止物])、駐車場での後退時に左右後方から接近する車両を検知して衝突の可能性がある場合にはブレーキを制御するリアクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ[後方接近車両])、車両を上から見たような映像をディスプレイ画面などに表示するパノラミックビューモニターなどをオプション設定したことが訴求点。また、ディスプレイオーディオ(DA)とDCMを全車に標準装備し、コネクティッド性能を向上させた。

C-HR GR SPORT2.jpgGR SPORTは専用本革巻き小径3本スポークステアリングや専用スポーティシート、アルミペダルなどを装備。内装色はGR専用ブラック

 パワーユニットは基本的に従来と共通で、8NR-FTS1196cc直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボD-4Tエンジン(116ps18.9kgm)とリダクション機構付THSⅡ2ZR-FXE1797cc直列4気筒DOHCエンジン(98ps14.5kgm)+1NM型モーター(53kW163Nm)という2機種を設定。8NR-FTSエンジンに組み合わせるトランスミッションは、従来の7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付Super CVT-iに加えて、インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)の6MTを新たに採用した。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年12月号

  • 46th東京モーターショー徹底ガイド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る