ー 

ボルボの本格的な電気自動車戦略はEV版「XC40」からスタート!

Writer:大貫直次郎 

ボルボが初のピュア電気自動車を発表。モデル名は「XC40リチャージ」

 ボルボ・カーズは10月16日(現地時間)、同ブランド初のピュアEV(電気自動車)となる「XC40リチャージ(Rechage)」を発表した。

VOLVO XC40 Recharge1.jpg▲ボルボ初のピュア電気自動車となるXC40リチャージ。基本デザインはベース車のXC40と共通だが、グリルなどの細部に専用のアレンジを施す。充電ソケットはボディ左後部に配置

 ボルボは外部からの充電が可能なピュアEVおよびPHEV(プラグインハイブリッド車)の商品群を、再充電ができることから「リチャージ」カーと呼称する。そして、今後2025年までに世界販売台数の50%を電気自動車にすることを目指しているというが、その第1弾となるモデルが「XC40リチャージ」なのだ。

VOLVO XC40 Recharge2.jpg1回の充電での航続距離は約400kmWLTCモード)。急速充電システムを使えば40分以内でバッテリー容量の80%までの充電が可能

 XC40リチャージのベース車は、その車名が示す通り、ボルボの最小SUVである「XC40」。パワートレインには、最高出力408hpを発生する電動4輪駆動システムと床下配置の駆動用バッテリーを採用する。1回の充電での航続距離は約400km(WLTCモード)。急速充電システムを使えば、40分以内でバッテリー容量の80%までの充電が可能だ。

VOLVO XC40 Recharge3.jpg▲パワートレインには最高出力408hpを発生する電動4輪駆動システムと床下配置の駆動用バッテリーを搭載

 XC40リチャージにおける初採用は、EVシステムだけではない。コネクティッド機能の核となるインフォテインメントシステムとして、グーグルのアンドロイド・オペレーティング・システム(Android OS)を搭載したこともボルボ初である。このシステムは、ボルボのデジタル・コネクティッド・サービス・プラットフォームであるボルボ・オン・コール(Volvo On Call)に統合。EV走行時間や充電施設の場所などの情報が、随時確認できるという。

VOLVO XC40 Recharge4.jpg▲コネクティッド機能の核となるインフォテインメントシステムとしてグーグルのアンドロイド・オペレーティング・システム(Android OS)をボルボ車として初搭載する

 なお、ボルボは今後、60シリーズから大型SUVのXC90に至るまで、リチャージ・カーのラインアップを鋭意拡大していく予定。同時に、リチャージ・カーの生産能力を現状の3倍に増強し、ユーザーへの納車までの期間を大幅に短縮させる計画だ。加速度を増し始めたボルボのEV戦略。日本での積極的な展開も、ぜひ期待したい。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年12月号

  • 46th東京モーターショー徹底ガイド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る