• TOP
  • [新型カローラ特集]足回りをリファイン。「走りが進化」というスポーツの噂に迫った

 ー 

[新型カローラ特集]足回りをリファイン。「走りが進化」というスポーツの噂に迫った

Writer:桂伸一 Photo:小久保昭彦

カローラ・スポーツ・ハイブリッドG・Z 試乗記

IMG_1416.JPGカローラ・スポーツ・ハイブリッドG"Z" スポーツは足回りの設定と各種制御系をリファイン 3種の2トーン塗装を新設定 写真のブラック&ホワイトパールの組み合わせは7万7000円高

ピカイチの操縦精度。スポーツが目指す走りの世界観

 カローラの優れた操縦安定性と乗り味の滑らかさは、2018年6月にデビューしたスポーツから始まった。

 今回、スポーツは小改良を実施。新たに2トーン塗装が選べるようになり、サスペンションや各種制御系を、ツーリングやセダンと同一仕様にグレードアップした。新旧を比較するとどうなのか。 

 違いを感じる点は、やはり前後のサスペンションだ。従来型はストロークした際に、前後サスペンションの共振点にズレが感じられたが、新型は違う。リアサスのバネレートを下げ、併せてダンピングレートを上げてロールが前後できれいに揃った印象になった。

 コーナリングに注視すると、ロール姿勢そのものが変化している。従来型は前後でほぼ平行にロールするのに対して、新型はコーナーに向けてボディがフロント外側に沈み込むダイアゴナル、つまり前下がりロールだ。

 ステアリングの初期転舵でスッと動きすぎ、戻してフラフラ感になるのは旧型。スポーツがデビューした当時は、そう感じられなかったが、新旧を比較するとわかる。

 新型は、ジワッと応答を始める。「弾性摩擦」感が手応えとしてあるから、コーナーの曲率に沿うように自然に転舵を合わせられる。操作に対して「こう動くだろう」というドライバーの予測に対して、ズレが生じない。新型はそこが違う。各部をキメ細かく煮詰めた成果だといえる。

 スポーツの発売から約1年の短いサイクルでここまで手を加えるとは驚いた。さすが世界のカローラである。日本仕様のカローラ各車の操縦精度はピカイチ。中でもスポーツが光る。

IMG_1420.JPG全長×全幅×全高4375×1790×1460mm 全幅はツーリングやセダンより45mmワイド

IMG_1468.JPGG・Zはスポーツシート標準 写真のレザー+ウルトラスエード(センシュアルレッド)はオプション( 17万8000円)

IMG_1456.JPG225/40R18タイヤ+8J切削光輝アルミ標準 意のままの操縦性

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年12月号

  • 46th東京モーターショー徹底ガイド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る