• TOP
  • ライバルはメルセデスCLS&ポルシェ・パナメーラ。伸びやかな4ドアスペシャルティ、BMW8シリーズ・グランクーペの魅惑パワー

 ー 

ライバルはメルセデスCLS&ポルシェ・パナメーラ。伸びやかな4ドアスペシャルティ、BMW8シリーズ・グランクーペの魅惑パワー

Writer:西川淳 Photo:BMW

BMW840iグランクーペ 試乗記

BMW_840i_GranCoupe_019.JPGBMW840iグランクーペMスポーツ 価格:8SAT 1152万円 4ドア仕様のグランクーペはクーペ/カブリオレに続く8シリーズ第3のボディ ホイールベースをクーペ比201mm延長し後席のスペース性をリファイン

主戦場は自動車先進国と中国。8シリーズの本命4ドアクーペ登場

 8シリーズの「本命」が登場した。グランクーペは、8シリーズの流麗なフォルムとダイナミックな性能を受け継ぐ実用的な 4ドア4シーター(短時間なら5名乗車も可能)である。

 ライバルはメルセデス・ベンツCLSクラス、アウディA7、ポルシェ・パナメーラなど。グレードによってはメルセデスAMG4ドアGTも好敵手となる。4ドアクーペは、近年、人気上昇中のプレミアムカーの新カテゴリー。とくに米国や英国、ドイツ、日本などの「自動車先進国」と、中国市場で人気が高い。

 グランクーペの基本メカニズムは8シリーズ・クーペとカブリオレに準じる。ただし、クーペ比で201mmホイールベースを延長して後席空間を拡大。全長×全幅×全高5085×1930×1400mmのボディサイズは、228mm長く、28mm広く、54mm高い(クーペ比)。実際、強い存在感を放つ大柄な4ドアクーペである。

 エンジニアは、自信たっぷりに「大きくなったが、8シリーズらしいダイナミックパフォーマンスをしっかり継承している」と説明していた。

BMW_840i_GranCoupe_021.JPG全長×全幅×全高5085×1930×1400mm ボディサイズはライバルのメルセデス・ベンツCLS(同5000×1895×1425mm)比でひとまわり大柄な設定

試乗車は3リッッター直6ターボを積む840i。駆動方式はFR

 試乗車はベーシックな840i。340ps/500Nm仕様の3リッター直6ターボエンジンをフロントミッドに積むFRモデルだ。840dとM850iの駆動方式は、xドライブ(4WD)。840iはグランクーペで唯一のFR仕様である。

 エンジニアの言葉どおりだった。840iは素晴らしいハンドリング性能を持つGTカーに仕上がっていた。ステアリングフィールは、xドライブと比べて、いっそうすっきりとした手応え。しかもB58型ストレート6は、高回転域まで心地よいフィールを保ち、全域で力強いパワーを発揮。エンジンは低速域から十分なトルクを生み、きめ細かにプログラミングされた8速スポーツATとの連携は上々だ。高剛性カーボンコアボディの効果もあって、絶妙な走りの一体感が味わえた。

 乗り心地は最上レベル。スポーティ指向のM850iと比べて、随分と肩の力が抜けており、リラックスしたドライブが楽しめた。

 当初、840iの日本発売予定はなかったという。しかし、その素晴らしく高い完成度が後押ししたのだろう。日本での販売が決定した。

BMW_840i_GranCoupe_104.JPGインパネは上質性と機能性を追求 各部レザーフィニッシュ アルミ加飾パネル仕上げ センター部に10.25インチワイドディスプレイ装備 ハンドリングはBMWらしくシャープでリニアな設定

BMW_840i_GranCoupe_106.JPGBMW_840i_GranCoupe_108.JPGシートは本革 前席はスポーツ形状 後席足元スペースはクーペ比で大幅拡大 基本は4シーター仕様 後席は左右分割トランクスルー機構付き

BMW_840i_GranCoupe_112.JPGトランスミッションは8速AT シフトノブはクリスタルフィニッシュ シフト横に走行モード切り替え配置

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2019年12月号

  • 46th東京モーターショー徹底ガイド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る