ー 

7月のマツダ、国内生産が50%以上のプラス(前年同期比)

Writer:伊藤治彦 

 マツダの2019年7月の生産・販売状況の概況(速報)。国内生産は、乗用車と商用車がともにプラスとなり、前年同月に比べて53.0%の大幅プラス。なかでもマツダ3(アクセラを含む)が同78.8%のプラスとなっている。

7月マツダ生産.jpg

1. 国内生産

 乗用車と商用車がともにプラスとなり、前年同月実績を上回った(+53.0%)。

【主要車種実績】
「CX-5」:34,337台(前年同月比+35.5%)
「マツダ3」(アクセラを含む):16,810台(同+78.8%)
「CX-3」:11,714台(同+15.0%)

2. 海外生産

 乗用車、商用車がともにマイナスとなり、前年同月実績を下回った(-20.5%)。

【主要車種実績】
「マツダ3」:12,066台(前年同月比-37.3%)
「MAZDA2」:10,613台(同+5.7%)
「CX-4」:4,144台(同-23.7%)

7月マツダ国内販売.jpg
 乗用車がプラスとなり、前年同月実績を上回った(+9.8%)。
 シェアは、登録車が4.6%(前年同月差+0.3ポイント)、軽自動車が2.0%(同-0.1ポイント)、総合計は3.7%(同+0.2ポイント)だった。

【主要車種実績】
「マツダ3」(アクセラを含む):3,886台(前年同月比+206.5%)
「デミオ」:3,249台(同-4.8%)
「CX-5」:2,562台(同+12.9%)

7月マツダ輸出.jpg
 北米、欧州、オセアニアなどの増により、前年同月実績を上回った(+45.5%)。

【主要車種実績】
「CX-5」:31,193台(前年同月比+8.6%)
「マツダ3」:12,111台(同+72.2%)
「CX-3」:11,478台(同+60.5%)

7月マツダのグローバル販売.jpg
 米国、中国などの減により、前年同月の実績を下回った(-3.2%)。

【主要車種実績】
「CX-5」:38,187台(前年同期比+6.0%)
「マツダ3」(アクセラを含む):27,393台(同-14.8%)
「MAZDA2」(デミオを含む):13,639台(同-0.8%)

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報