ー 

新型ポルシェ・タイカンを、バーチャルモデル「imma」がプロモーション

Writer:伊藤治彦 

 ポルシェジャパンは、新型「タイカン」のプロモーションとして、バーチャルモデルの「imma」を起用することを発表した。

PJ19_0174_fine_1.jpg
▲ポルシェ・タイカン ローンチコントロール時オーバーブースト出力761ps(560kW) バッテリー容量(総合)93.4kWh 100kmの航続距離に要する充電時間(150kWで急速充電の場合)は10分

 タイカンは、ポルシェ初のフル電動スポーツカー。最高出力761ps(オーバーブースト出力)、0-100km/h加速(ローンチコントロール時)2.8秒というパフォーマンスを誇り、新時代のスポーツカーとして注目を集めている(いずれも、ターボS欧州仕様の数値)。

 immaは、ピンクのボブスタイルが特徴的な日本初のバーチャルモデル。身長や体重、国籍、経歴などは一切不明だが、2018年7月よりInstagramアカウントを開始し、現在15万フォロワーを超える。ファッションやコスメブランドとも多くコラボし、今のポップカルチャーを代表するインフルエンサーのひとりだ。

PJ19_0173_fine_2.jpg
▲immaは日本初のバーチャルモデル バーチャルモデルを起用したプロモーションはポルシェジャパンでは初めて

 プロモーションの第一弾は、渋谷をイメージした背景にタイカンとimmaが並んだ仮想的なビジュアルを制作。ポルシェジャパンとimmaのSNSにて公開する。ビジュアルは、昼と夜をイメージした2パターン。現実に存在するタイカンとバーチャルな世界に存在するimmaの対照的な世界観を表現しているという。

 タイカンについてメーカーでは「環境問題への取り組みが叫ばれるようになって久しい今の時代、"これからの時代の車とは"という問いに対してポルシェが出した未来への答えが、高い環境性能を誇る世界で唯一のフル電動スポーツカー、タイカンです」と説明。モデルとして従来にはなかった表現方法で、日本のみならず世界からも注目を集めるバーチャルモデルimmaをプロモーションに起用することで、既存顧客のみならずミレニアル層を始めとした新しいターゲットにも訴求することを目的としているという。

 バーチャルモデルを起用したプロモーションは、ポルシェジャパンとして初めての試み。ポルシェジャパンでは今後もタイカンとimmaのプロモーションを展開していく予定だ。

■第一弾ビジュアル公開先
・ポルシェジャパン公式 Instagram
https://www.instagram.com/porsche_japan/
・同 Twitter
https://twitter.com/porschejp

・Imma公式 Instagram
https://www.instagram.com/imma.gram/

新型タイカンを期間限定で一般公開

 タイカンの一般公開をイベント中に行う、ミレニアル層をターゲットとした次世代向け独立型ブランドエキシビション「SCOPES Tokyo」を期間限定で開催。2019年11月22日(金)から12月7日(土)までの16日間、東京都渋谷区SO-CAL LINK GALLERYで行われる。

SCOPES Tokyo開催概要
日程:2019年11月22日(金)~12月7日(土)※開催時間は各コンテンツにより異なります
場所:SO-CAL LINK GALLERY 東京都渋谷区神宮前4-9-8( https://www.so-cal-link-gallery.com/
公式サイト: https://scopes.tokyo/
公式LINEアカウント:「SCOPES Tokyo」( https://nav.cx/gV8FxGC
予約方法:公式LINEアカウントに友達追加のうえ予約。

■問い合わせ先
ポルシェカスタマーケアセンター 0120-846-911
https://www.porsche.com/japan/

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報