ー 

トヨタ 新型車ライズ 発売1ヵ月で月販目標の約8倍の32,000台を突破

Writer:横田康志朗 

 トヨタは、新型車ライズの受注台数が、11月5日の発売から1カ月にあたる12月4日時点で約32,000台となり、月販目標(4,100台)の約8倍と、好調な立ち上がりとなったことを発表した。

2a.jpg▲新型車ライズ  1ヵ月で32,000台以上の受注

 新型車ライズの主な好評点として、全長4m以下の5ナンバーサイズ*1でありながら、SUVらしい力強いスタイルな点や、クラス*2トップレベルの広々とした荷室、室内空間と多彩なユーティリティ収納スペース。「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」を含む最新の「スマートアシスト」による安全技術などが挙げられた。
*1 全長4,700mm以下、全幅1,700mm以下、全高2,000mm以下、排気量2,000cc以下のクルマ
*2 コンパクトSUVクラスでの比較。2019年11月現在、トヨタ自動車株式会社調べ

 受注実績の主な特徴として、グレード別では、Zグレードが7割、Gグレードが2割となる。

 装着率の高いメーカーオプションは「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート」が4割(Z、Gグレード内比率)、ナビレディパッケージ*3が4割(総数内比率)。ボディカラーは、シャイニングホワイトパールが3割、ブラックマイカメタリックが2割、ブライトシルバーメタリックが1割となる。
*3 バックカメラとステアリングスイッチ(オーディオ・ハンズフリー操作)のパッケージオプション

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報