ー 

「KINTO ONE」に5年/7年プランを追加、契約期間中でも新たなクルマ・契約をスタートできる「のりかえGO」を開始

Writer:横田康志朗 

 トヨタがKINTOと立ち上げた、愛車サブスクリプションサービス「KINTO ONE」は、新たに5年/7年プランを追加し、さらに契約期間中でも新たなクルマ・契約をスタートできる「のりかえGO」を開始したと発表した。

1.jpg▲トヨタがKINTOと立ち上げ、昨年スタートした愛車サブスクリプションサービス「KINTO ONE」

 「KINTO ONE」は頭金が不要なことに加え、車両代や任意保険(車両保険含む)、自動車税、登録諸費用、車両のメンテナンスがパッケージ化された月額定額(サブスクリプション)サービスだ。月額料金に任意保険も含まれているため、若年層などこれからクルマに乗り始める人や、追加でご購入を検討中の人に好評となっている。店頭だけでなくWEBで申し込みから契約まで完結することも可能だ。今年の1月以降、「KINTO ONE」のラインアップに16車種(TOYOTA、LEXUSブランド車)を追加したことに加え、法人受付を開始したこと等により、申し込み累計実績は20年3月末時点で3,150件となっている。

 今回、5月8日から新たに追加するサービスは以下の通りだ。

「もっと長い期間で利用したい」というユーザーのニーズに応えるべく、「KINTO ONE」にラインアップしているTOYOTAブランド車を対象に、従来の3年プランに加え、5年/7年プランを新たに追加する。より手軽に始めやすい月額料金を設定した。ボーナス併用払いも選択可能で、ヤリスでボーナス併用月(1、7月)の加算額110,000円(税込)の場合、3年プラン : 月額21,560円から、5年プラン : 月額18,700円から、7年プラン : 月額16,390円から、となる。また、「KINTO ONE」3年プランは、従来から設定しているメンテナンス内容にタイヤ交換を追加。5年/7年プランは3年プラン同様のメンテナンス内容に加え、トヨタ正規販売店での車検も含めた月額利用サービスとした。

20200409_01_02.jpg▲参考乗り換え手数料一覧(クリックすると拡大します)

また、ユーザーのライフスタイルに合わせて最適なクルマに乗れるよう、契約期間中に別プランに乗り換えが可能となる「のりかえGO」を開始。3年プランは契約から1年半後、5年/7年プランは契約から3年後以降の6ヶ月毎のタイミングで、中途解約時の解約金よりもリーズナブルな手数料を支払うことで乗り換えが可能となった。*2。なお、乗り換え対象月以外で乗り換えを希望される場合は、規定の中途解約金を支払い、新たに契約を結ぶことで、乗り換えることができる。

3.jpg▲(例)ヤリス5年プランから乗り換える場合

スクリーンショット 2020-04-15 12.12.33.png▲参考「KINTO ONE」TOYOTAブランド車*4の月額料金(消費税込み)

*1 LEXUSブランド車を除く
*2 法人契約、LEXUSブランド車は対象外。乗り換え時には一定の手数料がかかり、新規契約を結んでいただきます
*3 乗り出しに必要なナビ、バックカメラ、ETC、フロアマットや安全装備に加え、LEDヘッドランプや両側パワースライドドア等、人気のエクステリア装備や快適装備も装着したパッケージ
*4 カローラスポーツ、クラウン、ハリアー、ランドクルーザー、シエンタ、ヴォクシー、ノア、エスクァイアは、取扱いを一時休止中(4月9日現在)
*5 グレードは3グレード、オプションは最大5パッケージ、カラーは全色より選択可能。内装色は標準色のみ(オプションカラー・4WD・寒冷地仕様・冬タイヤ選択の場合は、月額料金に加算)

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る