ー 

ホンダ、新型コロナウイルス感染防止にむけた支援活動として感染者を搬送するための専用車両を提供

Writer:横田康志朗 

 4月13日にHondaは新型コロナウイルス感染防止にむけた支援活動として、港区・渋谷区へ「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」を提供した。また、2020年5月末までに医療現場でのニーズが高い「フェイスシールドの生産」を開始し、人工呼吸器についても生産支援を視野に引続き検討していく。

2.jpg▲ホンダ、車内の運転席と後部座席の間に仕切りを設けた専用車両を自治体への軽症者の移動を支援するため提供

 Hondaが今回提供を開始した「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」は、ODYSSEY/STEP WGN等に車内の運転席と後部座席の間に仕切りを設け、搬送時の感染リスクを削減する専用車両だ。前後席間の圧力差を利用して、飛沫感染を抑制する構造になっている。提供された車両は、4月13日現在、港区・渋谷区への納車完了しており、今後は都内など感染者の多いエリアから納車予定だとしている。生産は埼玉製作所(狭山工場)を皮切りに、国内事業所で行う。

1.jpg▲「感染者を搬送するための仕立て車」車両イメージ

 その他の支援支援内容として、医療現場のニーズが高いフェイスシールドを、2020年5月末までに、ものづくりセンター栃木、鈴鹿などの国内事業所にて生産し、医療現場への無償提供を実施予定しているほか、人工呼吸器についても生産支援を視野に引続き検討していく。

■ホンダの新型コロナウイルスに伴う対応について
https://www.honda.co.jp/info/20200228.html

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報