ー 

トヨタ自動車、新たな「急アクセル時加速抑制」システムを発売

Writer:横田康志朗 

 トヨタは、ペダル踏み間違い事故のさらなる抑止・被害軽減のため既存のシステムに加え、新たな「急アクセル時加速抑制」機能を開発し、新車向けとして「プラスサポート」を導入、また既販売車種向けの後付け装置に本機能を追加し「踏み間違い加速抑制システムⅡ」として、それぞれ7月1日に発売した。

▲プラスサポート用スマートキーと作動状況

 トヨタはこれまで、新車には2012年からインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を導入。また既販売車種向けには、2018年から後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を販売している。これら既存のシステムは、センサーで検知できる壁やガラスなどの障害物がある場合の踏み間違い事故に対応している。

トヨタが確認したデータによると、インテリジェントクリアランスソナーはペダル踏み間違い事故全体の約7割に対応しているが、一方で障害物がない場合を含む残りの事故を新たな技術開発によって減らしていく必要があった。

▲プラスサポートを含めた踏み間違い対応機能 プリウス・プリウスPHVの例

 今回の機能開発にあたり、まず、実際の踏み間違い事故発生時に、アクセルペダルが全開で踏まれた状況を分析。そして、その踏まれ方の特徴を、コネクティッドカーから得られたビッグデータと照合した。右折時や一時停止後など、ドライバーが実際に急加速を必要とする状況を除くことによりアクセルの踏み間違い操作を特定し、障害物がなくても加速を抑制することで踏み間違い事故の低減を図る設定とした。

なお、この「急アクセル時加速抑制」の機能を加えた「プラスサポート」・「踏み間違い加速抑制システムⅡ」、それぞれの詳細は、以下の通りだ。

■プラスサポート
設定対象:
新車(インテリジェントクリアランスソナー装着車)向け
7月1日発売のプリウスならびにプリウスPHVからシステムの搭載を開始し、今後、順次搭載車種を拡大

特徴:
・運転に不安をお持ちのお客様向けの専用スマートキー「プラスサポート用スマートキー」(販売店装着オプション[税込価格1万3,200円~])で解錠すると自動的に「プラスサポート」が起動。進行方向に障害物がない場合でも、ペダルの踏み間違い操作を検知した際、加速を抑制
・障害物を検知し加速抑制・ブレーキ作動を行うインテリジェントクリアランスソナーに加え、ペダル踏み間違い事故の抑止・被害の軽減に貢献することが狙い
・標準のスマートキーで解錠した場合、プラスサポートは起動せず、通常通りの走行が可能

▲プラスサポート用スマートキー

■踏み間違い加速抑制システムⅡ
設定対象:
・既販売車種向け(後付け装置)
・プリウス*1から対応、今後順次設定車種を拡大*2(税込価格3万8,500円*3)
*1 2015年12月~2020年6月生産の車両でインテリジェントクリアランスソナー非装着車
*2 SAI(2009年10月~2018年2月)用 2020年11月発売予定。クラウン(2008年2月~2012年12月)、マークX(2009年10月~2016年11月)用 2021年1月発売予定
*3 取り付け費など諸経費は含まず

特徴:
・従来の「踏み間違い加速抑制システム」に「急アクセル時加速抑制」機能を追加した商品で、前方に障害物がない場合でもペダルの踏み間違い操作を検知した際、加速を抑制
・従来のシステムにある、前方の障害物を検知し加速抑制する機能や、後退時に加速を抑制する機能に加え、後退時には障害物の有無に関わらず加速を抑制するなど、より幅広いペダル踏み間違い事故の抑止・被害の軽減に貢献することが狙い
・機能強化を図りつつシステム構成を見直し、従来商品比で1万7,600円安の低価格を実現
・国土交通省が2020年4月に創設した、後付障害物検知機能付ペダル踏み間違い急発進抑制装置の性能認定制度に対応(本制度で初の認定を取得)

▲踏み間違い加速抑制システムⅡ 従来システムとの比較
▲超音波センサー(前)
▲表示機

 トヨタでは、既存のインテリジェントクリアランスソナーや後付け装置の機能に「急アクセル時加速抑制」機能を組み合わせることで駐車場等でのペダル踏み間違い事故を更に減らすことが可能と予測しており、踏み間違いによる事故を心配されるお客様に、より安全・安心にクルマをご使用いただきたいと考えている。

 なお、トヨタは自社製品の開発・販売だけでなく、国内の自動車メーカーに幅広く、「急アクセル時加速抑制」機能の考え方などを共有していくとしている。

 日本においては、交通事故死者数は減少傾向にあるものの、依然として、毎年3千人を超える尊い命が失われている。トヨタは、「幸せの量産の第一歩は、まず安全から」との精神のもと、「クルマ」の安全性向上とともに、安全機能に関する理解を促進するサポトヨなど「人」に向けた啓発活動、また「交通環境」向上に向けた活動、三位一体の取り組みを通じて、モビリティ社会の究極の目標である「交通事故死傷者ゼロ」に向け取り組みを進めていきます。同時に、国連が定めるSDGs*(持続可能な開発目標)にも貢献したいと考える。

* SDGs(Sustainable Development Goals持続可能な開発目標)
2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標。持続可能な社会を実現するための17個の目標(社会課題)を包括的にまとめたもの

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報