ー 

【新型コロナの流行による移動手段の変化を調査】7割以上の人が自家用車や自転車での移動にシフト

Writer:横田康志朗 

 月額定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイルは、新型コロナウイルス感染症の流行で移動手段にどのような変化があったかについて、全国の男女2,080人を対象にインターネット調査を実施した。その結果7割以上の人が自家用車や自転車での移動にシフトし、不特定多数者との接触や密を避ける移動手段へと移行していることが分かってきた。

▲月額定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」

 新型コロナウイルス感染症の影響により、生活のさまざまな局面で意識や行動に変化が表れているといわれている昨今。自宅で過ごす時間が増加しただけでなく、コミュニケーションのオンライン化や、ソーシャルディスタンスによる新しい生活様式など、多くの変化を感じている方も多いのではないだろうか。

 「マイカーの概念を変え、誰もが自由に移動を楽しむ社会を作る」という事業におけるミッションを持つ「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、全国の男女2,080人を対象に、新型コロナウイルス感染症の流行により、移動手段にどのような変化があったのかについてインターネット調査を実施した。

▲新型コロナウイルス感染症の流行前に主に利用していた移動手段は何ですか?

【調査概要】
調査対象:全国の男女2,080人
調査期間:2020年7月17日~8月3日
調査内容:Q1.新型コロナウイルス感染症の流行前に主に利用していた移動手段は何ですか?/Q2.現在、よく利用している移動手段は何ですか?/Q3.移動手段として増えたものと減ったものそれぞれについて、その理由を教えてください。

【調査結果詳細】
Q1:新型コロナウイルス感染症の流行前によく利用していた移動手段は何ですか?

「公共交通機関」:30.7% 639人
「自家用車」:45.4% 944人
「カーシェア・レンタカー」:0.9% 18人
「自転車」:10.5% 218人
「タクシー」:0.7% 15人
「徒歩」:8.3% 173人
「その他」:3.5% 73人

 全国の男女2,080人に対して、新型コロナウイルス感染症の流行前によく利用していた移動手段は何かを聞いたところ、45.4%が「自家用車」と答え、次いで30.7%が「公共交通機関」と7割以上を占めており、残りの約25%は「自転車」や「徒歩」、「カーシェア・レンタカー」、「タクシー」、「徒歩」という結果になった。また、「その他」の中には、オートバイや原動機付自転車などの回答があった。

▲現在、主に利用している移動手段は何ですか?

Q2:現在、主に利用している移動手段は何ですか?

「公共交通機関」:23.6% 490人
「自家用車」:50.0% 1,040人
「カーシェア・レンタカー」:0.9% 18人
「自転車」:11.7% 244人
「タクシー」:1.0% 20人
「徒歩」:9.7% 203人
「その他」:3.1% 65人

 Q1と同じ全国の男女 2,080人に対して、現在、主に利用している移動手段を聞いたところ、新型コロナウイルス感染症の流行前と比べて、移動手段に変化があることがわかった。
具体的には、「公共交通機関」が30.7%から23.6%に減少している一方で、「自家用車」が45.4%から50.0%、「自転車」は10.5%から11.7%、「タクシー」は0.7%から1.0%、「徒歩」は8.3%から9.7%へと増加しており、感染予防のために外出を控えるようになっただけでなく、多くの人が混在する公共交通機関の利用も避けて生活していることがわかった。なお、「カーシェア・レンタカー」は0.9%と、変化はなかった。

▲公共交通機関の利用が減った理由は何ですか?

Q3:移動手段として増えたものと減ったものについて、その理由を教えてください。
母数の多かった「公共交通機関」が減った理由と「自家用車」と「自転車」「徒歩」が増えた理由について聞いた。

(1)公共交通機関の利用が減った理由は何ですか?

「感染リスクがあるから」:54.8%
「外出自粛・外出予定が無くなったから」:23.0%
「在宅勤務・休校になったから」:17.0%
「移動手段を変えたから」:2.2%
「その他」:3.0%

 新型コロナウイルス感染症の流行前は、30.7%が公共交通機関を利用していたのに対して、現在は26.7%と減少している。その理由について、54.8%が「感染リスクがあるから」と答え、「密で閉鎖空間なので感染リスクが高い」「つり革からも感染しそう」などの回答があがった。公共交通機関では、新型コロナウイルス感染症の対策である、三密になりやすいことも影響しているといえそうだ。

 また、23.0%が「外出自粛・外出予定が無くなったから」と答え、「出張や飲み会も減った」「公共交通機関を使わなければならないような外出はしなくなった」という回答があり、日々の過ごし方の変化も大きく影響していることがわかってきた。

そのほかにも、在宅勤務や休校、オンライン授業への切り替え、ネットで買い物をするようになったことで、自家用車や自転車などの移動手段に移行しただけでなく、公共交通機関を利用する機会が少なくなっているといえるだろう。

▲自家用車の利用が増えた理由は何ですか?

(2)自家用車の利用が増えた理由は何ですか?

​「公共交通機関などで密になるのを避けたいから」:74.5%
「使用する人が限られ安心感があるから」:13.7%
「仕事の都合の為」:6.9%
「その他」4.9%

 新型コロナウイルス感染症の流行前は、45.4%の方が自家用車を利用していたのに対して、現在は50.0%と5%近く増加している。自家用車の利用が増えた理由には、74.5%が「公共交通機関などで密になるのを避けたいから」と答え、「人との接触を避けるため」「不特定多数の方と会いたくないから」などの回答があった。

また、自家用車を選んだ理由に、13.7%が「使用する人が限られ安心感があるから」と答え、「身内しか使わないので」「少人数の特定の人しか使わないから」など、不特定多数が利用する公共交通機関におけるリスクを考えていることがわかった。

 さらに、「仕事の都合の為」と答えた6.9%の中には、「会社から公共交通機関利用について制限された」という回答もあがった。ほかにも、「公共交通機関の代替手段として一番有効」「自転車よりも早くて良い」などの回答があり、利用者の生活環境によっても選ぶ移動手段が異なっているようだ。

▲自転車の利用が増えた理由は何ですか?

(3)自転車の利用が増えた理由は何ですか?

「密を避けたいから」:67.5%
「感染リスクが少なそうだから」:12.5%
「近場での移動が増えたから」10.0%
「その他」:10:0%

 新型コロナウイルス感染症の流行前は10.5%の方が自転車を利用していたのに対して、現在は11.7%と増加。自転車を利用する理由については、67.5%が「密を避けたいから」と答え、「人との接触を避けるため」「公共交通機関の代わりに利用」などがあがった。

また、「外気に触れていて健康的」「風もあるので感染しにくそう」などの理由から、12.5%が「感染リスクが少なそうだから」と回答している。密を避けるだけでなく、風通しの良い環境で移動できることも、自転車に移行した大きな理由といえるだろう。
一方で、外出を控える流れから、遠くに行くことがなくなり、近場で買い物をするようになったことで、自転車のほうが便利となったことも影響しているようだ。

▲徒歩での移動が増えた理由は何ですか?

(4)徒歩での移動が増えた理由は何ですか?

「感染リスクを減らしたいから」:83.3%
「その他」:16.7%

 新型コロナウイルス感染症の流行前は、8.3%が主に徒歩で移動していたのに対して、現在は9.7%と増加傾向にある。その理由の多くは、「感染リスクを減らしたいから」という回答となっており、「公共交通機関を使いたくないから」「密を避けるため」などと答えている。ほかにも、「健康のため」「遠出しなくなったから」など、現在も自粛生活が続いていることが影響していることがわかった。

 今回の調査により、現在は、新型コロナウイルス感染症の流行前に比べて、不特定多数の人との接触がなく、より感染リスクが低いと思われる移動手段に移行しているということがわかってきた。新型コロナウイルス感染症が収束するまでは、このような状況が続くことが考えられるのではないだろうか。

 おトクにマイカー 定額カルモくんでは、「マイカーの概念を変え、だれもが自由に移動を楽しむ社会を作る」という事業ミッションのもと、移動や車に関しての調査を今後も行っていく。

■おトクにマイカー 定額カルモくんに関して
日々の生活にマイカーが必要不可欠な地域が大多数を占める日本において、年間200万人の方が自動車ローンの審査に通らず、結果として、手元のお金で買えるボロボロの中古車を買ったり、究極的には購入を諦めたりしています。

そこで、良質な金融商品を用意することで誰もが乗りたい車に乗り、移動の幸せを受けられる社会を作りたいと考え、現在、頭金なし・ボーナス払いなし、税金、自賠責保険コミコミで日本一安い(※)月11,700円から新車をマイカーにできるサービスとして「おトクにマイカー定額カルモくん」を展開しています。今後はさらにお客様に対する与信の枠を広げて、車を諦める人がいなくなる、車を持てることが当たり前になるようなビジネスに発展させていく予定です。

おトクにマイカー 定額カルモくん公式サイト:
https://car-mo.jp/?utm_source=news
取り扱い車種:国産全メーカー全車種(電気自動車、バス、トラックなど一部を除く)
契約可能期間:1〜11年
対象エリア:全国
2019年3月にトヨタ自動車などが出資をする「未来創生2号ファンド」を運営するスパークス・グループ株式会社をリードインベスターとし、SBIグループ、AOKIグループなど複数の投資家から15億円の資金を調達しました。

(※)「日本自動車リース協会連合会」の会員で個人向けリースを提供している業者の中で、初期費用・ボーナス払いがない金額で比較。2020年3月(当社調べ)

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年10月号

  • ・新車速報 新型SUBARUレヴォーグ
  • ・新車試速報 新型ホンダe
  • ・特集 最新コンパクト・クロスオーバーSUVの世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る