ー 

ダイハツ 国内自動車生産累計3,000万台を達成

Writer:横田康志朗 

 ダイハツは、2020年9月生産分実績をもって、ダイハツブランド車両の国内生産累計台数3,000万台を達成※1した。

※1:ダイハツ調べ。2020年9月末時点での速報値をもとに計算。他社へのOEM供給車両を除く国内生産車両のみ(輸出車両(CBU および CKD)を含む)

▲ダイハツ 国内自動車生産累計3,000万台を達成

 ダイハツは、内燃機関の国産化を目的に、1907年(明治40年)に発動機製造株式会社として産学協同で設立。1931年に500ccのエンジンを搭載した三輪自動車「ダイハツ号」を発売し、自動車製造業を開始した。

戦後は1957年に発売した軽三輪自動車「ミゼット」が小売業者などのユーザーに好評となり、1958年にはダイハツ初の四輪自動車として小型トラック「ベスタ」を発売。

▲初の三輪自動車「ダイハツ号」(HA 型)

 その後、1960年に初の軽四輪自動車として商用車「ハイゼット」、1977年には小型乗用車「シャレード」、1980年には軽乗用車「ミラ」※2など、軽自動車から小型車まで、ユーザーの暮らしに寄り添い、日常の生活や仕事を支える多様なスモールカーを生産してきた。

※2:軽乗用車「クオーレ」の商用車版「ミラ クオーレ」として発売。1982年より「ミラ」として販売

▲初の軽三輪自動車「ミゼット」(DKA 型)
▲初の小型四輪自動車「ベスタ」

現在ダイハツはユーザーの様々なニーズに応え、求めやすい価格でご提供できるスモールカーづくりを目指し、低コスト・高品質な生産を実現する「SSC(シンプル・スリム・コンパクト)」をコンセプトとした、ダイハツの3拠点(滋賀(竜王)工場、京都工場、本社(池田)工場)およびダイハツ九州株式会社大分(中津)工場の合計4拠点で完成車の生産を行っている。

2019年からは、ダイハツらしい軽自動車を基点とした新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による新商品を発売しており、引き続きトヨタグループにおけるスモールカーメーカーとして発展すべく、ユーザー一人ひとりを照らし、軽やかなモビリティライフを提供するというグループスローガン“ Light you up” の考え方のもと、多様なニーズに応えられるクルマづくりを推進していく。

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る