ー 

スバル、アイサイト ver.3 搭載車の追突事故発生率が0.06%。アイサイト搭載車の事故件数調査結果について発表

Writer:横田康志朗 

 SUBARUは、アイサイト搭載車の事故件数調査結果について発表を行った。2014年から2018年に日本国内で販売したスバル車の人身事故件数について調査した結果、運転支援システム アイサイト ver.3 搭載車の追突事故発生率が 0.06%であることが分かった。

▲スバル、アイサイト搭載車の事故件数調査結果について発表

 本調査はSUBARUが、公益財団法人 交通事故総合分析センター(ITARDA*1)のデータを基に独自算出したもので、アイサイト Ver.3 搭載車モデル(456,944 台)の人身事故件数をその発生状況毎に分類したものだ。

 なお、SUBARUは2030年死亡交通事故ゼロ*2 を目指している。

*1:Institute for Traffic Accident Research and Data Analysis
*2:SUBARU 車乗車中の死亡事故および SUBARU 車との衝突による歩行者・自転車等の死亡事故ゼロを目指す。

▲<図>*3

*3:図内 Ver2 搭載及び Ver2非搭載車のデータは、2016 年 1 月 26 日リリースより引用。

※本調査及びそれに基づき得られたデータは、アイサイトが事故低減に寄与することを示す目的ではなく、また、アイサイト以外の要因が本データに影響している可能性があります。

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る