• TOP
  • 横浜ゴムが速度レンジ「T」をクリアするベーシックスタッドレス「アイスガードiG52c」をヨコハマクラブネットワーク限定でリリース開始。14~16インチの7サイズ発売

 ー 

横浜ゴムが速度レンジ「T」をクリアするベーシックスタッドレス「アイスガードiG52c」をヨコハマクラブネットワーク限定でリリース開始。14~16インチの7サイズ発売

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

 横浜ゴムはスタッドレスタイヤ「iceGUARD(アイスガード)」のベーシックモデル「iceGUARD iG52c(アイスガード・アイジー・ゴーニー・シー)」をヨコハマクラブネットワーク限定で販売開始した。発売サイズは16インチ~14インチの7サイズで、価格はオープンプライス。

 ヨコハマクラブネットワークとは自系列タイヤショップ「タイヤガーデン」「グランドスラム」のほか横浜ゴムとパートナーシップ契約を結ぶタイヤショップの総称。取り扱い店舗は「タイヤガーデン」「グランドスラム」WEBサイトを参照。
(https://www.y-yokohama.com/tire-garden/ig52c-shoplist)

 「iceGUARD iG52c」は海外向けに販売している商品で、多様化するユーザーニーズに対応するため国内発売を決定した。

 商品コンセプトは「iceGUARD」ブランドの基本性能を備えた“さまざまな冬道に効く”ベーシックスタッドレスタイヤ。

 専用の方向性パターンに加え、凍結路面への密着性を高めた吸水素材、剛性確保に効く「トリプル 3-D サイプ」や氷上でのエッジ効果を補完する「細密マイクログルーブ」など「iceGUARD」のスタンダード技術を採用し、凍結や圧雪、シャーベット、ウェットやドライ路面で優れた性能を発揮するという。

 速度レンジは国内の一般的なスタッドレスの「Q(160㎞/hまでの規格)」ではなく全サイズ190㎞/hまでの「T」レンジをクリアする点も特徴だ。

 このモデルの追加で、横浜ゴムはスタッドレスタイヤとして乗用車用ではベーシックモデル「iceGUARD iG52c」に加え、プレミアムモデル「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」、メジャーモデル「iceGUARD 5 PLUS(アイスガード ファイブ プラス)」を販売しているほか、4×4・SUV用「iceGUARD SUV G075(アイスガード エスユーヴィ ジーゼロナナゴ)」、バン・小型トラック用「iceGUARD iG91(アイスガード アイジーキュウイチ)」など、充実したラインアップを取り揃えた。

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報