ー 

TOYOTA GAZOO Racing、 ダカールラリー2021に4台のハイラックスで参戦

Writer:横田康志朗 

 TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、2021年1月3日(日)よりサウジアラビアで開催される、ダカールラリー2021に4台のハイラックスで参戦する。参戦ドライバーは、昨年に引き続きナッサー・アル-アティヤ/マシュー・ボーメル組とジニエル・ド・ヴィリエール/アレックス・ハロ組、そして新たにヘンク・ラテガン/ブレット・カミングス組とシャミア・ヴァリアワ/デニス・マーフィ組が加わった。

▲TGR、2021年1月3日より開催される、ダカールラリー2021に4台のハイラックスで参戦

 チームはハイラックスで2012年よりダカールラリーに参戦しているが、ダカールラリー2021では、経験豊富なスペシャリストとニューフェイスの組み合わせで参戦する。今回のTGRチームはダカールラリーで数多くの上位完走経験を持つアル-アティヤ/ボーメル組とド・ヴィリエール/ハロ組という強力な2台が上位を争い、ラテガン/カミングス組、ヴァリアワ/マーフィ組が経験を重ねていく形となる。チームのダカールラリーでのこれまでの戦歴は、3位(2012年)、2位(2013年)、4位(2014年),2位(2015年)、3位(2016年)、5位(2017年)、2位(2018年)、優勝(2019年)、2位(2020年)となっている(全て総合順位)。

▲砂漠でテストを行うトヨタ・ハイラックス

 ディフェンディングチャンピオンであったアル-アティヤ/ボーメル組は、2020年のダカールラリーを惜しくも2位で終えたが、その後、彼らは10月に行われたダカールラリーの前哨戦とも言えるラリー・アンダルシアで勝利を挙げた。2021年大会では、彼らにとって4度目となるダカールラリー総合優勝を目指す。また、2012年からハイラックスでダカールに挑み、何度もチーム最上位フィニッシュを果たしているド・ヴィリエール/ハロ組も、ダカールラリーの優勝候補だ。

▲左ドライバー:ナッサー・アル-アティヤ(カタール)選手/右ナビゲーター:マシュー・ボーメル(フランス)選手

■ナッサー・アル-アティヤ コメント
再びトヨタのハイラックスと共にダカールラリーに挑めることをとても嬉しく思っています。私はハイラックスで2019年のダカールラリーを制し、2020年には2位に入りました。そして来る2021年、再び勝利を勝ち取るべく、サウジアラビアでのラリーに挑みます。

 そして、ダカールラリー2021では、南アフリカからコンビのラテガン/カミングス組とヴァリアワ/マーフィ組がTGRチームに加わった。ラテガンは初のダカールラリー参戦。彼は近年、ラリーレイドレベルの高い南アフリカクロスカントリーシリーズ(SACCS)で2年連続のチャンピオンに輝いており、初挑戦のダカールラリーで可能な限りの経験を重ねることが目標だ。ナビゲーターのカミングスは過去、ダカールラリーに2輪バイク部門で2度出場。2014年には、競技中のアシスタントなどサポートなしでダカールに挑戦する、マーレ・モトクラスで2位に入っている。ヴァリアワはダカールラリーへの参戦経験はあるが、TGRからは初の参戦になる。南アフリカ国内選手権でナビゲーターとしてチャンピオンの経験を持つマーフィはダカール初挑戦だ。

▲左ドライバー:シャミア・ヴァリアワ(南アフリカ)選手/右ナビゲーター:デニス・マーフィ(南アフリカ)選手

■シャミア・ヴァリアワ コメント
以前にダカールに出場したときは、多くの課題を残したままラリーを終えなくてはなりませんでした。今回はTGRチームの一員としての参戦し、再びラリーを戦えることが楽しみですし、できる限り多くのことを学びたいと思っています。もちろんそれだけではなく好成績も狙うべく、序盤からスピードと戦略のバランスを考えながら走りたいと思います。

▲左ドライバー:ジニエル・ド・ヴィリエール(南アフリカ)選手/右ナビゲーター:アレックス・ハロ(スペイン)選手

■ジニエル・ド・ヴィリエール コメント
ダカールは常にタフなラリーですが、ダカールラリー2020では、サウジアラビアに場所を移しダカールラリーが開催されて、その厳しさに変わりはないということを証明しました。来年1月に再びダカールラリーに挑戦できることを楽しみにしていますし、サウジアラビアの砂漠を含む様々なコースに対して、新しいチャレンジへの準備はできています。我々のハイラックスはこれまで以上に好調で、来たるラリーへ向けてしっかり準備ができてきている自信があります。

▲左ドライバー:ヘンク・ラテガン(南アフリカ)選手/右ナビゲーター:ブレット・カミングス(南アフリカ)選手

■ヘンク・ラテガン コメント
ダカールラリーへの出場は私にとって夢でした。南アフリカで2度のチャンピオンを獲得しましたが、世界一タフなラリーへの挑戦は容易ではないでしょう。2度のダカール出場経験を持つブレットがパートナーとなってくれることは嬉しいです。南アフリカの地方選手権であるクロスカントリーラリーをハイラックスで戦ってきているので、車両のことはとても良く分かっていますし、その経験が役立つはずです。

▲ダカールラリー2021に挑むトヨタ・ハイラックス

 チームはダカールラリー2021に最新型のラリーレイド仕様のハイラックスで挑む。車両は南アフリカ・ヨハネスブルグのキャラミ・グランプリ・サーキット近郊に位置するチーム本拠地で開発された。現行型の車両は2018年にデビューしたラリーレイド専用車になる。

4輪独立サスペンションを備えた4輪駆動車で、5リッター自然吸気V8エンジンをフロントミッドシップに搭載しており、2018年のデビュー以降、毎年大幅に改良が加えられている。ダカールラリーでの好結果が、ハイラックスの信頼性とタフさを証明している。この現行ハイラックスはデビューした2018年のダカールラリーで総合2位、3位に入り、そして2019年には総合優勝を果たした。2020年も2位の好成績を残している。

▲2021年のダカールラリーに向けては、全体的なレイアウトやジオメトリに大きな変更はないが、サスペンションや自然吸気V8エンジンを改良することで、この最新型のハイラックスはこれまで以上の信頼性と競争力を併せ持つこととなった

 このラリーレイド仕様ハイラックスの開発には、SACCSでの参戦が大きく貢献している。TGRダカールチームの代表、グリン・ホールは、ド・ヴィリエールとラテガン両ドライバーによる実戦での貴重なフィードバックを得ながら改良を続けてきた。

DAKAR RALLY 01/03>01/15/2021

 ダカールラリー2021は2020に引き続き、サウジアラビアで開催される。競技者は現地時間の2021年1月3日(日)にジェッダを出発予定だ。全体的なルート構成は前大会と似ているが、主催者は全く新しいセクションで競争力のあるラリーにすることを発表している。

1月9日(土)、ハイルの街で伝統的にとられるラリー中間の休息日を経て、後半戦は再びジェッダへと戻り1月15日(金)にゴールを迎える。ダカールラリー2021のルートにはこれまで通り、夜を徹してでもサービスのあるビバーク地へと戻らなくてはならないマラソンステージに加え、スタートとゴールが同じ地点となる2つのループステージもあると予想されている。

さらに、ダカールラリー2021では、新たにデジタル・ロードブックが採用されます。これは各ステージのスタート直前に競技者に渡される。この方式はダカールラリー2020でも幾つかの限られたステージで試されたが、ダカールラリー2021ではそれが標準となる。この新たなフォーマットは先の予測できないラリーレイドという競技のレベルを高めるだけでなく、主催者による管理・運営の簡略化にも繋がるとされている。

■チーム代表 グリン・ホール コメント
ダカールラリー2021に向けて、期待に胸が高まっています。今年は新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりにより、多くのモータースポーツイベントが影響を受けただけに尚更です。今のところ、ダカールラリー2021は予定通り新年早々の開催へ向けて進んでおり、この素晴らしいイベントに南アフリカで開発されたハイラックスで挑めるのは最高の気分です。

関連リンク

関連記事

1

Related Articleビジネス × テクノロジーもっと読みたい

What's News最新情報